ホーム > 大型イベント
長春映画祭
2008-10-13

 中国長春映画祭は1992年に創設され、中華人民共和国国務院の批准を経て、国際映画制作者協会の承認を受け、中国語フィクション映画表彰を主とした、国際的な映画コンテストである。映画祭は二年に一度開催される。映画祭の宗旨は友誼、交流、発展である。今までに、長春映画祭はすでに成功裏に九回開催された。権威があり、公平、公正な映画評価表彰および豊富で多彩な映画放映と大衆映画文化活動を通じて、中国語映画の交流プラットフォームを構築し、中国語映画創作繁栄のために、民族優秀文化を広め、国内外の映画文化交流を強化して、経済、文化の建設と社会の発展のために重要な貢献を果たしてきた。長春映画祭は中国語映画の評価表彰を主要な内容として、その影響力は台湾、香港、マカオ、シンガポール、東南アジアないしは世界の中国語映画製作地区に広範な影響を有している。

 主催単位:国家放送映画テレビ総局、 吉林省人民政府、長春市人民政府。

 映画祭には下記の賞を設けた:1、最優秀中国語フィクション映画賞(合作映画を含む);2、最優秀外国語フィクション映画賞;3、優秀中国語フィクション映画賞;4、優秀外国語フィクション映画賞;5、最優秀脚本賞;6、最優秀監督賞;7、最優秀主演男優賞;8、最優秀主演女優賞;9、最優秀助演男優賞;10、最優秀助演女優賞。受賞者には、映画祭組織委員会から金鹿賞が授与される。各賞ノミネート作品は1-3本、具体的な情況に応じて別に審査委員特別賞を設ける。受賞した映画、脚本、監督、撮影、音楽、俳優にそれぞれ「金鹿賞」を授与する。