ホーム > 大型イベント
第三回中国吉林・北東アジア投資貿易博覧会
2008-10-13

 第三回中国・吉林北東アジア投資貿易博覧会は2007年9月2日―6日長春国際会展センターで挙行された。博覧会は北東アジアの地域協力と東北旧工業基地振興のテーマをめぐり、東北地区に依拠し、北東アジアに向かい、同時に全世界の商工業界に向って開放された。主な内容は商品貿易、投資協力、専門国際会議とビジネス・デーの三大パネルと文化体育交流などの補助パネルから構成された。

 

 第三回北東アジア博覧会は回を追うごとにさらによくなり、“一流のレベル達成、一流の成果獲得、一流のイメージ樹立”の目標を確立して、実り多い成果を得て、中国北方第一の展覧会目標に向って、いっそう堅実な一歩を進んだ。会議の規模と次元はこれまでの新最高を記録した。参加商は5万人を突破し、そのうち展示業者6000人、仕入商1.2万人、投資折衝商1.2万人、視察商2万人。国内外の政治要員71名、各国指導者は国連高官を含め7名。商品の貿易取引高は直線的に上昇した。今回の北東アジア博覧会の対外貿易の取引高は4.1億ドルに達し、前回より6.8%増加した。そのうち、輸出取引高3.2億ドル、輸入0.9億ドル。国内貿易取引高12.7億元、前期に比べて10%増大し、そのうち販売12.3億元、購入0.4億元。投資協力で重大な成果を得た。北東アジアの日本、韓国、ロシアなどの国以外にも、米国、カナダ、イギリス、香港・マカオ・台湾などの12の国家と地区が我省と投資項目を締結した。;国内の北京、上海、内モンゴル、遼寧などの18省(区、市)と中央直属企業と我省が投資項目を締結した。合わせて投資項目締結169件、プロジェクト総投資額774億元、そのうち域外資金719億元(国外投資250億元を含む)を導入して、第二回に比べてそれぞれ100億元と118億元の増加。国際会議と各国のビジネス周(日)活動は著しい成果を見せた。展示会期間中北東アジア経済貿易協力高レベル・フォーラム、第三回北東アジア経済協力フォーラム、生物化学工業発展戦略国際シンポジウムなどの国際会議とビジネス周(日)などイベントを24件開催し、参加商は北東アジア博覧会のプラットフォームを借りて、政府間、団体間、企業間の直接交流を実現した。 

 

 第三回北東アジア博覧会は主に5つの特徴を示した:専門展示は国際性;投資協力は実効性;国際会議は展望性;文化娯楽体育活動は時代性;ニュース宣伝は広範性を具えた。