ホーム > 大型イベント
吉林省政府アジア太平洋総裁協会と提携協議に調印
2009-03-16

 3月11日午前中、吉林省政府はアジア太平洋総裁協会と長春シャングリラホテルで「第5回アジア太平洋総裁と省市長国際提携大会」の提携協議で調印式を挙行した。副省長の陳偉根、アジア太平洋総裁協会中国支会の副会長姚進、カナダ東北同僚総会の会長李琦、アジア太平洋総裁と省市長国際提携大会執行総監鄧婷は調印式に出席した。省政府副秘書長の叢紅霞は吉林省政府を代表してアジア太平洋総裁協会全世界執行主席の鄭雄偉と提携協議でサインした。

 

 「第5回アジア太平洋総裁と省市長国際提携大会」は今年9月の第5回北東アジア貿易投資博覧会の間に召集されて、大会は吉林省政府とアジア太平洋総裁協会が共同で主催して、吉林省政府外事僑務弁公室が請け負い、その際に国際政治要員、世界500トップ企業及びその海外企業責任者、国際著名経済学学者、重要メディア代表、国際、国内省市長など共に200余りの人員を招いて大会に参加する予定。我省も省、市州指導者及び省内重点企業責任者を組織して200人余り大会に参加する予定。

 

 アジア太平洋総裁と省市長国際提携大会は、有名な国際経済組織アジア太平洋総裁協会(APCEO)連合アジア太平洋地区政府部門、国際政治要員、全国多国籍企業総裁及び国際経済学者が始めて設立し、主旨は全国トップ企業の総裁と省市間の長期国際交流を建設して、省市政府と国際重要企業間の長期交流と協力を促進する予定。現在まで、北京、無錫、広州、成都も成功裏に4回の大会を挙行して、参加者はすでにアジア太平洋地区から全世界に範囲を広めて、世界範囲内で最も重要な国際経済協力会議の一つになった。