ホーム > 教育 > 長春国際学校
長春理工大学
2008-11-25

 長春理工大学(旧長春工学精密機械学院)は光電技術を特色として、光、機械、電気、計算機、材料を結合して優勢となし、多くの学科が協調して発展する吉林省の重点大学である。学校の創建は1958年、著名な科学者王大珩先生を初代院長とし、現在も名誉校長である。学校は前後して中国科学院、国防科委、五機部、機械委、機電部、中国兵器工業総公司などに属し、1999年に中央と地方の共同建設を実施開始し、地方政府の管理を主にした管理体制で、吉林省、国防科工委、長春市の共同で光電方面と国防に鮮明な特色を具えた教育研究型大学を建設した。

 学校占有面積76.9万平方米、固定資産総額12億元;現在本科・選科・大学院の在校学生20148人、教職員1984人;教師隊伍の中には院士兼職4人、博士指導教師77人、教授(研究員)141人、副教授(副研究員、高級工程師等)508人、34人が国務院の発布する政府の特殊支給を享受し、一つのの国防科学技術創新団体と二つの吉林省優秀教学団体を有する。

 学校には工学、理学、文学、経営学、管理学、法学の六大学部があり、四つのポスドク科学研究流動地点、3つの博士学位授与一級学科、11の博士学位授与学科、11の修士学位授与一級学科、45の修士学位授与学科、49の本科専門科目のうち国家級特色専門科目5つ;一つの国家級実践教育模範センター、一つの国家級人材育成モデル創新実験区、二つの国家級精品課、一つの国家級大学生文化素質教育基地(連合);一つの国家重点学科、15の省部級重点学科、併せて修士研究生を単独で応募試験する権利と優秀本科卒業生を試験免除で修士課程に推薦する権利を有する。

 学校の対外交流は広範で、前後して20数ヶ国の90余りの大学や研究所と友好交流関係を築き、ロシアには一ヶ所の孔子学院を有する。中国政府奨学金により来華した留学生の育成項目を担当し、現在200数人の留学生が学校で学位取得あるいは言語学習のために在学しており、光学領域国際科学技術合作基地と吉林省対外中国語教育訓練センターを設けている。

 留学生受け入れ可能な専門:理学院、光電工程学院、機電工程学院、電子情報工程学院、計算機科学技術学院、材料科学工程学院、科学環境工程学院、生命科学技術学院、経済管理学院、外国語学院、文学院、法学院。

住所:中国吉林省長春市衛星路7186号  

電話:86-431-85583291、85303294  

FAX:86-431-85309021、85309366

E-mail:ieec@cust.edu.cn

ホームページ:http://www.cust.edu.cn