第一自動車グループ研究開発本部が研究の新たな進歩を遂げた

時間: 2022-03-07 14:26 情報源: 中国驻韩国大使馆
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

第一自動車グループ研究開発本部より独自に設計開発されたレデューサーアセンブリは、統合され、コンパクトで、業界初であり、切断機能を備えている。最近、Aプロトタイプの最初のバッチが正常にインストールされた。


このタイプのレデューサーは、プラットフォーム開発のコンセプトに基づき、高度な技術指標と幅広いプラットフォーム拡張機能を備え、紅旗のハイエンド四輪駆動電気の補助駆動力として使用できる「スマートブレイン」を備えている。同時に、レデューサーはユーザーの実際の運転ニーズに応じて、「パワー」と「エコノミー」のバランスを取れて、パワーで即応し、エコノミーで静粛性を実現し、より効率的で、よりコンパクトで、よりエネルギーになっている。


将来的には、このレデューサーは紅旗のハイエンド四輪駆動電気自動車に完全に適用され、紅旗ブランド製品の品質をさらに向上させる。