ホーム > ビジネス > 投資案内 > 投資政策
公安機関出入国管理部門は新しい措置を計画
2009-01-16

 13日、長春市公安局出入国管理局からの情報によれば、最近省、市公安機関出入国管理部門は渉外企業・事業単位にサービスするために10項新しい措置を打ち出し、詳細な内容は下の通り:

一、最高のサービス待遇を受けられる。今年、全省では渉外単位対外管理工作の信用評判等級を評定する仕事を展開する。信用A級の渉外単位に最高待遇を実行し、申請者との面会を免除して、外国人のビザと在留有効期限許可を適当に延長することなどの措置。

二、工場に出張して証明手続きを行うサービスを実行する。大型渉外企業の外国専門家・技術人員が工場に来る比較的集中する実際的な時間に、出入国管理部門は担当者を工場に駐在させて出入国証明書の手続きを取り扱うこと。

三、非勤務時間予約サービスを実行すること。出入国管理部門が備案へ登記した出入国証明申請が取扱い時間に間に合わない渉外企業の外国人従業員に対し、企業の外事管理部門から事前に予約して、出入国管理部門は専門の人員に非労働日に証明書を審査許可するようこと。

四、ビザが満期になることを通知する。2009年、出入国管理用コンピュータシステムが進級改造をきっかけにして、渉外企業で就職している外国専門家に登録制を実行して、ビザがまもなく期限になる外国人を定期的に調べて、携帯電話のメッセージ、企業外事部門、管轄区域の派出所などを通じて本人に証明書期限を通知するサービスを注意して、非悪意・不法な居留の違法問題の発生を防止する。

五、「緑色通路」のサービスを切り開くこと。国家規定を実行する前提として、渉外企業に対して出入国証明書を取り扱って、「緑色通路」のサービスを切り開く。外国人がビザをとる手続きは以前の5労働日から3労働日に短縮して、中国公民出国の証明書を処理する手続きは公安部の規定による15労働日から10労働日になって、特殊な状況下でも証明書を取り扱うことなど。公民は国外で証明書損失、合法的権益を侵害された情況が発生した場合、担当者を第1時間に海外駐在大使領事館へ通達に差し向けて、積極的に調和して疎通、全力を尽くして我国公民の国外での合法的権益を保護すること。

六、積極的に際立った貢献をした外国籍の専門家のために「グリーンカード」を申請すること。いくつかの渉外企業の高層の管理人員と外国籍の専門家は吉林省更には中国の経済発展に際立った貢献をした場合、出入国管理部門は本人の意志の上で、外国籍の専門家を指導して手続きを処理、積極的に公安部に在中外国人のために永久の在留資格を申請して、中国の公民と同じ待遇を享受させて、在中の生活に最大の便宜を提供すること。

七、企業の外事部門の渉外業務の育成訓練を展開すること。企業外事人員の変動に対して、出入国管理部門は企業の外事人員に育成訓練を展開して、外事部門に渉外業務の知識を普及させるようにサービスを提供して、日常業務でいつでもそれに困難や疑問を解決するように助けること。

八、全力で外国人の居住と生活の安全を保障すること。外国人特に外国の専門家の集中居住地と主要な活動場所を安全防衛と制御の重点として、管轄区域の派出所を指導して育成訓練を強化して、安全防衛と制御の責任を着実にして、有効な措置をとって渉外事件の発生を予防すること。

九、渉外企業と出入国管理部門の連絡制度を創立すること。渉外企業は1,2人の国外との連絡員を確定して、駐在地の出入国管理部門と業務での連絡制度を創立して、連絡方式を交換して、日常の仕事で問題や困難があった随時随所に連絡して解決の方式を研究すること。

十、隊列の管理を強化して、規範的に渉外法律を執行すること。出入国管理人員の育成を強化して、努力的に高素質の渉外法律執行チームを建設する。それぞれの仕事の制度を規範化して、厳格で、公正で、文明的な法律を執行する。人民警察の横暴な態度、不正行為、罰則濫発、処理を不当に引き伸ばすなどの問題を調査し処分して、企業の利益に損害を与える情況の発生を許さないこと。

 ここ数年来、駐長春渉外企業は継続的に発展して強大になって、同時に吉林省と長春市の経済の振興をするために重要な貢献をした。上述の便利な新しい措置は渉外企業の実際的な需要によって、国家政策と法律法規許可の範囲内で、常規を超えることを目指して、大きな力度で、全面的にサービスの質とレベルを高めて、在長春渉外企業発展のために調和的な治安を創造し、人文や経済の環境も創造して、更に外資企業を長春での発展に満足させること。