ホーム > ビジネス > 投資案内 > 投資政策
2017・長春新区重点企業誘致プロジェクト -4.新材料産業園
2017-04-10

■先端的な石化材料産業園プロジェクト

プロジェクトは、石化産業産品構造、産業構造と技術構造などの面の更新を加速し、主に高性能ポリオレフィン材料、ポリウレタン樹脂、特殊合成ゴムなどのコア技術分野を突破し、産業構造を先端化且つ精密化に、産品構造を節約型、清潔型に、技術構造を先頭型、実用型に発展させることを促進する。

多くの国内外大手企業の誘致、国際研発センターの設立及び生産・教育・研究成果転化プラットフォームの建設強化などによって、国際一流、国内をリードする先端的な石化材料産業園をつくる。

主に石化新材料技術研発センター、石化新材料製造生産基地、倉庫保管物流サービス区を建設する。

 

■熱収縮材料産業園プロジェクト

主に熱収縮通信ケーブル付属材料、熱収縮電力ケーブル付属材料、電子システム熱収縮チューブ材料、熱収縮被覆シート材、複合絶縁熱収縮材料などの分野に焦点をあて、コア技術研発の突破に努力し、中科英華を先頭企業にし、高強度玄武岩繊維及び製品プロジェクトを代表にし、完全な熱収縮材料産業チェーンをつくり、先端的な新材料研発、生産、販売、サービスの立体化した産業基地を形成し、国家級熱収縮材料研発と製造基地を構築する。

主に熱収縮材料研発転化センター、熱収縮材料生産製造センター、熱収縮材料付属サービスセンターを建設する。

 

■軽量化新材料産業園プロジェクト

主に自動車製造、エネルギー設備、航空航天など長春の優位性ある産業分野をめぐり、コア技術研発の突破に努力し、交通用軽量化新材料産業を主導にし、その他の軽量化新材料産業を補助にした産業園区を建設する。

完全な軽量化熱可塑性複合材料、軽量化動力伝動装置及び軽量化構成部材など産業チェーンをつくり、先端的な新材料研発、生産、販売、サービスの立体化した産業基地を形成し、国家級軽量化新材料研発及び製造基地を構築する。

主に軽量化新材料研発転化センター、軽量化新材料生産製造センター、軽量化新材料付属サービスセンターを建設する。

 

■グラフェン産業園プロジェクト

グラフェン原材料、グラフェン応用材料と素子、グラフェン材料研発、グラフェン材料の技術取引など重点分野をめぐり、全球トップ位のグラフェン原材料規模、種類の揃ったグラフェン応用材料に注力し、材料研発、材料生産、技術取引機能を一体化したグラフェン産業園を構築する。

主に「一核二中心」の機能分区、即ちグラフェン産業発展核心区、グラフェン技術と応用研発センター及びグラフェン品質監督検査センターを建設する。

将来、研究院+インキュベーター区+加速区+産業区を建設する。

 

3Dプリント新材料産業園プロジェクト

本プロジェクトは、主に3Dプリント新材料研発製造基地を建設し、応用サービス基地と人材育成基地を推進し、プリンター生産、消耗材生産、新産品研発製造、育成、3Dプリント産業インキュベーター器及び各派生サービスを主にし、デジタル化製造技術を用いて従来の製造業転換アップグレードを促進する。

主に3Dプリント新材料産業核心区、3Dプリント産業展開区、付属サービス区を建設する。

 

■生物医学新材料産業園プロジェクト

映像、免疫、ワクチン、生化、血液透析、監視設備など先端的な消耗材、医用生体材料、家庭リハビリテーション用品器械新材料及び骨科と心血管に必要な介入機器、インプラント機器及び人工器官など高付加価値の医用消耗材など分野に焦点をあて、研発、生産、インキュベーター、展示、物流などを一体化した一流の生物医学用新材料産業基地の建設、世界級生物医学用新材料産業園の快速構築に注力する。

具体的には、医用消耗材研発センター、先端的な医療器械材料研発センター、中小企業インキュベーターセンター、標準化生産基地、新材料展示センター、園区サービスセンターを建設する。

 

■省エネ環境保全新材料産業園プロジェクト

自動車産業と建筑業の省エネ化をめぐり、主に環境友好型非金属鉱物機能材料、省エネグリーン構造・機能の一体化した建築材料、新型壁体材料、保温断熱材料、防水シーリング材、省エネ門窓及び省エネガラスなど重点の分野に焦点をあて、国内技術をリードする種類の揃った省エネ環境保全材料の最大規模産業園をつくる。

省エネ材料の具体的な類別に対し、関連する壁体材料区、保温断熱材料区、防水シーリング材料区、省エネ門窓と省エネガラス区、固体廃棄物資源利用区、総合サービス区を建設する。

 

■スマート材料国際研究院プロジェクト

スマート材料国際研究院は、全球材料科学の最も活発な最前線の発展方向に向け、主に圧電材料、形状記憶材料、光ファイバー、電磁流体、磁歪材料及びスマート高分子材料などスマート材料技術研究に焦点をあて、主にインスピレーション衝突と技術研発区、産業化準備と実施区、公共施設サービス区を含む。

 

■新材料産業発展基金プロジェクト

新材料産業発展基金は、新材料産業発展の有力な支持である。

多くの革新的な融資ルートを利用し、政府部門の出資による起動指導資金を用いて新材料産業基金を設立し、政府資金の指導とレバレッジ効果を果たし、関連金融、投資機構と社会資本を引き寄せて基金に共同導入し、市場化運営メカニズムをベースとし、主に新材料における世界級と国家級の重大プロジェクト建設、重点産業分野におけるコア技術の突破、先端的な科研機構の建設、研発プロジェクトの助成、科技成果インキュベーター及び新産品の推進応用、先導人材の導入、中高級人材の育成と養成などの支援に焦点をあて、先端的な革新資源集積と新材料産業の革新的な発展を促進する。

具体的に、産業指導発展支援基金、中小企業インキュベーター基金、退出指導基金を造成する。