ホーム > ビジネス > 投資案内 > 投資政策
2017・長春新区重点企業誘致プロジェクト -3.スマート製造産業園
2017-04-10

■工業ロボット産業基地

園区は、工業ロボット本体と部品の関連企業を中心にし、ロボット研発、ロボット部品、ロボット本体、ロボット生産ライン統合などを発展させ、ロボット研発、生産、体験、展示、取引、融資、娯楽、教育、科学普及、観光旅行を一体化させ、産業園が我が国北部の最大ロボット基地、ロボット核心技術研発センター、先端製造センター、サービス中心及び応用センターになるように注力する。

 

■サービスロボット産業基地

プロジェクトは、主にサービスロボットの製造及びソフト・ハードウェアに関するコア技術の研発を中心にし、積極的にサービスロボット製造、スマート家庭電気、情報通信、インターネットなど分野の国内外の有名な企業や研究機構を誘致し、サーボシステム、コントローラ、减速器、ロボット関節などハードウェア装置の開発、及び顔認識技術、音声認識などスマート対話型システムの開発を推進する。

 

■スマート農業機器産業基地

スマート農業機器の製造をコアにし、技術研発、生産・製造、操作訓練、産品展示会、企業本部などを主にし、農業機械器具のスマート制御技術、電子制御ユニット(ECU)、複雑な姿勢知能制御動力シャーシ、精密誘導自動操縦、動力機械知能化、工作機械知能化システム、栽培施肥、田間管理機械、植物保護、農産品加工など現代化知能農業機械器具、精确変数灌漑システム、土地成分分析機器、農地情報測位測定機器、農業用航空機、農業施設、精准農業装置、農業用インターネットなどの発展に重点を置く。

 

■スマートホーム産業基地

本プロジェクトは、スマートホームをコアにし、家電、自動化、インターネット、クリエイティブ設計など関連産業を統合し、スマートセキュリティ、スマートカーテンウォール、スマート照明、スマートフロア、スマートバスルームなどの一流技術及び業界トップ企業の促進に注力し、研発、生産、物流、取付、アフターサービスなどを一体化した完全な産業チェーンを形成し、最上級スマートホーム産業クラスターをつくる。

 

■先端的な数値制御工作機械産業基地

自動車製造、エネルギー設備、航空航天など長春の優位性ある産業分野をめぐり、キーとなる技術の研発を突破し、完備な数値制御工作機械と基本製造装置本体、数値制御システムと機能部件などの産業チェーンをつくり、先端的な数値制御工作機械研発、生産、販売、サービスを立体化した産業基地を形成し、積極的に「国家工作機械産品品質監督検査センター」、「国家数値制御工作機械産品品質安全モデル区」の建設に努力する。

 

■スマート製造革新センター

スマート製造に関する大学・学院、企業、機構などの推進に重点を置き、重点実験室、測定試験プラットフォーム、工学技術センターなどと協力し、スマート製造に係るキーとなる基盤技術及びコア構成部材の開発を突破し、スマート製造分野の国家製造業革新センターになるように努力する。

 

■付加製造装置産業基地

付加製造分野の一流企業、研究機構を誘致し、自動車、航空航天、文化クリエイティブ、医療器械など分野のニーズに応え、付加製造専用材料の開発を突破する。

付加製造専用材料、プロセス技術及び装置融合の統合発展を推進し、自主知的財産権を有する付加製造装置を研究・開発、促進、使用する。

 

■スマート検出試験産業基地

スマート検出、スマート試験、スマート管理など分野の需要に焦点をあて、主にスマート装置(例えば、スマート計器と制御システム、基本部品と汎用部件、高級数値制御工作機械と基本製造装置及びスマート専用設備など)及び特殊設備(例えば、クレーン、ガス貯蔵運送設備など)のための検出試験装置及びサービスを発展させる。

 

■スマート製造産業支援サービスのクラウドプラットフォーム

華為、浪潮、聯通など国内のクラウド産業先頭企業との合作をこ強化し、長春新区スマート製造業クラウドサービスプラットフォームを構築し、データ処理、ソフトウェア開発、ビッグデータ計算、コンピュータ補助設計、補助工学、補助製造など一連のサービスを統合する。

 

■スマート製造業基金

政府指導基金を主にし、関連金融、投資機構と社会資本を引き寄せて基金に共同導入し、市場化運営メカニズムをベースとして政策指導基金を造成し、財政資金のレバレッジ効果と指導作用を充分発揮し、更なる社会資金を航空産業に取り組み、四つの分野を取り込んでスマート製造業の金融支援を提供する。