ホーム > ビジネス > 投資案内 > 投資政策
2017・長春新区重点企業誘致プロジェクト -2.一般航空城
2017-04-10

■航空城本部集積区

——一般航空企業本部建物群。

多くの小店舗、高密度、低高度、緊密型商務建物を建設し、よって様々な一般航空企業地区本部、研究開発発設計センター、運営決済センター、技術サービスセンターなどの需要を満足させる。

 

——公共サービス施設群。

主に航空リゾートホテル、高級管理者分譲マンション、高級会員分譲マンション、コミュニティ医院及び総合スーパーなどの建設を行い、園区に関連の商業、医療、居住、娯楽など総合付属サービスを提供する。

 

■一般航空装置生産基地

——一般航空装置生産機能区。

主に国際国内の有名な一般航空装置生産企業23社を誘致し、多種タイプの小型固定翼機、ヘリコプター及び特殊機能飛行機などを推進する。

 

——一般航空装置研発機能区。

いくつかの一般航空装置研発センターを立ち上げ、生産・教育・研究の合作チャネルを作成し、省内外の高品質航空研発資源に依存し、国内外の一般航空企業と共に一般航空装置研発センターを構築する。

——行政商務航空機の設計・改造機能区。

行政商務航空機の改造・装飾は、幅広い発展空間を有し、現在、この市場が国外企業に独占されることは一般的であり、いくつかの一流行政商務航空機設計装飾会社を誘致、育成することによって、一般航空装置の生産付加価値を向上させる。

 

■民用無人航空機製造基地

——無人航空機及び部品生産機能区。

長春の無人航空機生産企業クラスターを発展させるほか、いくつかの国内外の有名な無人航空機生産企業を誘致、育成し、主に無人航空機及び電動機、電池、電力伝達システムコア部品の生産を促進する。

 

——無人航空機ソフトウェアシステムの研発機能区。

国内外の無人航空機ソフトウェアシステムに関する一流企業を誘致し、主に飛行制御システム、撮像と高解像度システム、主制御チップなどの関連企業を含む。

 

——無人航空機サービス機能区。

無人航空機消費者のために販売、リース、データ収集などのサービスを提供し、無人航空機アフターサービスの需要を満たす。

なお、関連の教育機構を誘致し、無人航空機操縦士養成などの業務を推進する。

 

■一般航空機空港

——一般航空指揮制御施設。

一般航空指揮センター、オフィスビル、レーダー設備、航空交通管制システムなどの施設を含む。

 

——旅客貨物運送サービス施設。

一般航空ターミナルビル、貨物運送センターなど施設を含む。

 

——一般航空機付属施設。

油倉庫施設区、飛行試験区、航空資材修理区及びサービス区などの施設を含む。また、主要型式の一般航空機の需要に応じ、ヘリコプター、小型固定翼機、軽飛行機などの離陸、着陸、地上走行、駐機などの施設を建設する必要がある。

 

——その他の専門サービス付属施設。

操縦士育成、空中調査、森林予防保護、農薬の空中散布などの飛行作業付属施設、及び緊急応援、ビジネスジェット、空中撮影、景点観光、航空ショーなど民生機能のある付属施設を含む。

 

■一般航空サービス保障基地

——運航支援基地(FBO)。

FBOは、空港に配置され、フライト飛行以外の小型航空機、特に行政商務航空機やプライベートジェットのために燃料補給、修理、旅客など総合サービスを提供する一般航空サービス企業をいう。一般的に、航空機ターミナル、ターミナルに隣接する駐機場、格納庫及び修理工場など四つ部分で構成される総合施設及び建物を含む。

FBOは、行政商務航空機に駐機サービス、飛行機と乗客地上保障サービス、給油サービス、運航事務と管理サービス、飛行経路及び保守・点検サービスなどを提供する場合もある。

 

——フライトサービスステーション(FSS)。

FSSは、主に一般航空のために幅広い飛行サービスを提供する。气象サービス、飛行計画サービス、飛行支援及びその他の必要な支援の提供を含む。

一般航空事業者は、常にコンピュータネットワークを介してフライトサービスステーションに飛行計画を申請、報告する。

 

——航空機修理ステーション(MRO)。

MROは、包括整備・改修・オーバーホール三つを含む。一般航空機に測定、修理、トラブルシューティング、定期点検、改修及び改造作業を提供し、それにより関連設備が耐用期間に最大作用の発揮、正常な運転の維持を可能にする。

 

■一般航空学校

——一般航空学校及び付属施設。

主に一般航空専門者を育成する。国内外の有名な一般航空学校23所分校区を建設もしくは誘致する。

また、一般航空機の訓練、修理、研発などに関連する付属施設を建設する。

 

——一般航空体験訓練センター。

主に一般航空ファンに対し、個人に一般航空飛行体験と訓練サービスを提供する。

 

——公共インフラ施設の建設。

一般航空学校に必要なその他の公共インフラ施設を建設する。

 

■一般航空機展示と体験センター

——一般航空機展示機能区。

主に各種類の一般航空機を展示する。航空機展示期間に一般航空関連製品の出展に適用される。

 

——販売サービス機能区。

園区事業者製品の販売を主にし、その他の有名なブランド製品の販売を補助にする。主に各種類の一般航空機の販売機能を有し、顧客に販売前からアフターサービスまで「ワンストップ」サービスを提供する。

 

——飛行体験機能区。

VR4Dなど体験技術を利用し、一般航空ファンに体験娯楽機能を与え、ヘリコプター、固定翼機、無人航空機など一般航空機体験プロジェクトを提供する。

 

■一般航空産業発展基金

一般航空産業発展基金は、一般航空産業発展の基礎である。多種類の革新的融資ルートを通じて政府によって指導基金を設立し、関連の金融、投資機構及び社会資本を引き寄せて基金に共同導入し、市場化運営メカニズムをベースとし政策指導基金を造成し、財政資金のレバレッジ効果と指導作用を充分発揮し、更なる社会的資本を航空産業に取り組む。