ホーム > ビジネス > 投資案内 > 投資プロジェクト
2017・双陽区(五):卓達緑色建築双陽産業園組立工場1期の建設プロジェクト
2017-07-12

 

長春市の重点対外企業誘致と資金導入プロジェクト情報表

プロジェクト名:

卓達緑色建築双陽産業園組立工場1期の建設プロジェクト

プロジェクト概要

年生産能力はモジュール化建築壁の20万建築平米/年の組立工場に相当して、全体は三期に分けて建設し、当面は一期で、会社自家用として建築するものである。

総投資額(億元)

1.487238

要資金導入額(億元)

0.7

合作方式

銀行ローン

経済効果分析

ここ数年、中国の建築業は技術の変革、構造の最適化、エコロジーや品質安全などの方向に向かっていき、建築据付業のビジネスモデルはますます複雑になり、業務の需要は年々上昇し、建築据付業の各子業界が急速に発展を取った。急成長の全社会は固定資産に対する投資が、わが国の建築市場の急成長を推進してきた。2014年に我が国の建築業は造ったGDP44724.80億元に達し、2005年から2014年の複合成長率は14.24%に達した。建築業の膨大な建筑体量や高度成長は建築類の関連業界に巨大な市場発展空間を与える。
本プロジェクトは省エネ・環境に優しい建設プロジェクトとして、プロジェクトの実施後、企業は直接地元に100個の雇用を提供可能で、直接プロジェクト地域の家庭の経済安定収入を牽引して、同地域の一部の人の経済収入を信頼できる保障を提供する。有効に現地の社会就業圧力を緩和して余剰労働力を非農業産業や都市に順序に移転を導き、社会の安定を促進し、地域経済の発展を動かす。
プロジェクトの建設は国家の産業政策と、吉林省の「資源の優位性を経済優位に」という繁栄省の発展戦略及び、国家の産業構造調整方向と産業構造に適合したので、地元政府の強力な支持を得た。

製品の主要用途

本プロジェクト製品は主に新型家屋建築に用いて、当社が吉林省新材料の生産基地である

市場先行きの予測

建設部、国家建材局は1991年から、「枠組み構造にムクレンガの使用制限規定」の通知(建科「1991619号)を発行したことから、建築システムの変化から見ると、住宅産業は近代化への発展とともに、枠組み構造の割合は年々増え、新型の壁の組み合わせに基づく住宅業界の市場の見通しが明るい。ここ数年、国家環境保護政策力は徐々に増やし、粘土レンガはだんだん都市建設市場から離れるのは成り行きで、湖北省などの地区では使用禁止れんがという明文で規定した。省エネ・環境に優しい壁材の需要により、壁材のモデルチェンジを促進する同時に、新しい壁材製品に巨大な市場空間を切り開いたため、新型良質の壁材は絶大な市場潜在力を持つ。当プロジェクトの製品は原材料、生産プロセス、最終製品の据付完了までル、環境に優しくて消費が低い;卓達新材は恒久にマイナスイオン酸素を釈放して、無毒、無味、無放射、無汚染で竣工すると、入居可能となる。また直接防火、耐震、丈夫で耐久性も備える;各気候条件でもの施工可能で、冬の休業も必要ない;プレハブ生産を採用して、現場で設置工事だけで、時間は70%以上削減、コストダウンは30%に達せる;国家関連部門の検査測定によって、その抗折力、防音、保温、耐候、防火などの物理的性能は国家基準に達成して、各指標も伝統の材料より優れている。

プロジェクトの建設条件

長春市双陽経済開発区育民路、双営子回族郷は長春市双陽区に所属している。北は長春市街区から25キロ、南は双陽市街区から5キロ。地理座標北緯43°32′、東経125°31′。東は双陽区平湖街道双陽河を境に、西、南は鹿郷鎮に隣接し、北は双陽区奢嶺街道に隣接する。長双(長春――双陽)一級道路と大劉(双営子――鹿郷)郷級道路は南北、東西に全郷を貫く。全郷面積は約80Km2。省級経済開発区―双陽経済開発区は、本郷に位置する。

プロジェクトの前期進捗

31平とモデルハウスが完成している。

連絡先

卓達新材料技術グループ吉林有限会社

電話番号

15704601345

コンタクト先

曲金鵬

FAX

 

E-mail

qujinpeng@zhuoda.com

郵便番号

130600

住所:

長春市双陽区鼎炉広場蓬莱ショッピングセンター7703