ポイントの掲示   情報化と工業化が深く融合している今では、我が市の外向型経済レベルをさらに向上させ、我が市の企業を引率して情報化環境を造り上げ及び競争能力を向上するために、長春市人民政府外事弁公室外国語ウエブサイト及び長春市人民政府外国語ウエブサイトは新規サービスの方式を作り出して、市政府外国語ウエブサイト資源を利用して、我が市における対外連携意向があり,輸出資質をもつ典型な企業、重点業種に焦点を合わせ、訪問により調査・研究を行い、長春市情報センター技術サポートに依拠し、市工商聯からの協力を得た上で、英語、日本語、ロシア語、韓国語、中国語バージョン《長春企業情報化サービスプラットフォーム》を開発、建設した。企業との協力を絶えず深めることを通じて、手を携え、共にオンライン「いつまでも閉幕せず」の長春企業展づくり、我が市の外向型企業のために区域経済協力に参与し、世界市場へ向かう橋梁を架けるを趣旨としています…… 
                   
  ホーム > 海关政策  
税関政策
  

 

 

1.綜合保税区の企業の場合、輸入した企業建設用の機器、設備、モジュール、維持用品など、および合理的なオフィス用品などは関税と輸入環節税を徴収しません。

 

2.綜合保税区の企業の場合、国外から加工輸出用の原料、パーツ、部品、包装物件及び中継品物と区内に保存する貨物は保税します。

 

3.国外の貨物(輸出割当管理に該当する貨物を除く)は保税区を出入りの時、許可書を検査されない上、輸入割当許可は免除されます。

 

4.保税貨物は区内に保存の期限がないが、保存の期限が二年間を超える場合、企業は毎年税関に登記すべきだ。

 

5.区内の企業は加工貿易銀行保証金台帳制度と契約消し込み制度に該当しません。

 

6.国内の企業は国内に貨物を販売する場合、集中的に税関に申請できます。

 

Authorized by Changchun Municipal People's Government.
Organized by Foreign (Overseas)Affairs Office of Changchun Municipality.
Technical Supported by Changchun Information Port. All Rights Reserved.