ポイントの掲示   情報化と工業化が深く融合している今では、我が市の外向型経済レベルをさらに向上させ、我が市の企業を引率して情報化環境を造り上げ及び競争能力を向上するために、長春市人民政府外事弁公室外国語ウエブサイト及び長春市人民政府外国語ウエブサイトは新規サービスの方式を作り出して、市政府外国語ウエブサイト資源を利用して、我が市における対外連携意向があり,輸出資質をもつ典型な企業、重点業種に焦点を合わせ、訪問により調査・研究を行い、長春市情報センター技術サポートに依拠し、市工商聯からの協力を得た上で、英語、日本語、ロシア語、韓国語、中国語バージョン《長春企業情報化サービスプラットフォーム》を開発、建設した。企業との協力を絶えず深めることを通じて、手を携え、共にオンライン「いつまでも閉幕せず」の長春企業展づくり、我が市の外向型企業のために区域経済協力に参与し、世界市場へ向かう橋梁を架けるを趣旨としています…… 
                   
企業概要
ホームページ > 大成グループ
製品の紹介
生産ライン
大成グループ
 

  大成グループは1996年に設立され、十数年の発展を経て、すでに業界で総合的な実力がアジア一、世界第三位、単一項目で五つの世界第一位のある企業グループとなっている。

今の大成は長春トウモロコシ工業区、德惠、錦州、上海、福州、興隆山という6つの製品の異なる工業園区を創り上げて、32の企業、1つの設計研究院、4つの研究所を持っており、従業員数は約1万人であり、そのうち外国人専門家は7人であり、すでに二つの上場公司は香港メインボードに上場している。

 

主な製品は四大シリーズがある。

 

デンプン糖:年間に1 60万トンのデンプン糖を生産している。コカコーラ、匯源、娃哈哈の高果糖は全部大成から供給され、30%は輸出する。

 

変性デンプン:年産1 5万トンであり、食品、製紙、医薬、紡績、建材、地質などに供給し、日本王子製紙は毎年3万トン以上も輸入する。

 

アミノ酸:アミノ酸の年産は60万トン。その中、リジンは40万トンであり、生産量は世界一位(全世界の生産量は70万トン)になり、技術は世界一位(複数の世界級発明がある)になる。グルタミン酸は10万トン、またトレオニン、アルギニンなどがある。

 

バイオマスエタノール:年間の生産能力は40万トン。グリコール、プロピレングリコール、ブチレングリコール、樹脂ノールなどがある。再生可能な生物資源を原料として、石油資源に取って代わる経済的、クリーン環境保護、持続可能な発展の産業である。世界では多くの国が大量の資金、人力、物資を投入してバイオマスエタノール開発しようとしたが、いずれも成功しなかった。それに成功したとしてもコストが高いことで市場に受け入れられなかった。ただ大成グループの自主的イノベーションプロセス技術は生産コストが低いうえ、資源も節約でき、省エネ、環境保護であり、大規模な工業化に成功したのである。現在、制品の供給はなかなか需要に追いつかない。今年に国家発改委は何度もトウモロコシ深度加工プロジェクトを圧縮し整頓する情勢においても、なお大成グループのトウモロコシバイオマスエタノールを発展するプロジェクトを支持している。年産100万トンバイオマスエタノール長春興隆山プロジェクトは建設中である。2013年に販売収入500億元の目標を実現する見通しである。

Authorized by Changchun Municipal People's Government.
Organized by Foreign (Overseas)Affairs Office of Changchun Municipality.
Technical Supported by Changchun Information Port. All Rights Reserved.