ホーム > 在長外国人 > 在長外国人の生活
外国人が中国で運転する場合は中国の免許が必要
2015-03-25
  自動車の原理は世界どこも同じで、自動車を運転できれば、どこの国家の生産した車両もさほどの変わりはない。しかし、各国の交通法規は同じではなく、一国の運転免許を持っていてもほかの国家で運転が合法的にできるわけではない。30日、記者が市公安局交通警察支隊自動車管理所で聞いたところでは、外国人は中国に来た後に試験に参加すれば運転資格を得ることができるが、たとえ国際ライセンスを持っていても試験は免除にはならない。

 

 「娘と娘婿はカナダ国籍で、彼ら二人は国際ライセンスを持っているが、帰国以後に国内の運転免許に変更する必要があるか?」「長春晩報交通」QQネット会員の崔女史が本誌記者に質問した。

 

 崔女史の紹介によれば、彼女の娘と娘婿は仕事の都合で、帰国して一時期仕事をすることになった。彼らはカナダで国際ライセンスを取り、以前に出張でアメリカやヨーロッパのいくつかの国家では国際ライセンスが使用可能だったが、中国国内では有効かどうかわからないとの質問であった。

 自動車管理所の職員によれば、我が国の法律規定によれば、国外の運転免許を保有するドライバーは中国国内に入った後、もし車両を運転する必要がある場合は必ず我が国の公安警察部門が発行する運転免許を取らなければならず、さもなければ自動車を運転することは許されていない。国外の運転免許で運転した場合には無免許運転とみなされ、公安機関は違反者に中国の関連する法律を適用して処罰を与える。もし外国国籍の人が運転免許を所持せず、中国の運転免許を取得したい場合には、中国の居留証、パスポートおよび本人の身体検査合格表を携帯して、申し込みをする必要があり、すべての運転免許試験科目に合格したあとで免許が発行される。

 情報によれば、我が国はまだ国連の「道路交通公約」に加入しておらず、国外で取得した国際ライセンスを保有していたとしても中国国内で自動車を運転することはできない。しかし国際ライセンス保有者は我が国で運転免許試験の科目の一つである交通法規と知識の試験に合格すれば中国の運転免許を取得できる。「受験者は長春自動車管理所に、受験者のパスポート、在華居留証、国際ライセンスおよび身体検査合格表を提出し、そのあと試験を受けることができる。受験者は科目の一つである筆記試験に合格すれば、すぐに我が国の運転免許を取得できる。」職員によれば、我が国の交通管理部門には外国人が運転免許を取得する場合のために、これまでのところ交通法規と知識の試験が英文など多言語で用意されている。