ホーム > 文化 > 長春映画 > 电影制片厂
長春映画製作所(長影世紀城)
2015-04-29

 長春映画製所

  長春映画製所は新中国初の映画製作所で、「中国映画の揺り籠」と言われている。長春映画製作所は新中国映画史上の7つの最初を成し遂げた。フィクション映画900本以上、外国映画1000本余の吹き替えを製作した。《五朶金花》、《上甘岭》、《英雄児女》、《劉三姐》等、多数の優秀作品は数世代の人々の成長に影響を与えた。

  1998年長春映画製作所は率先して探索を行い、尚且つ改革を始めた。2005年初に全国の映画業界の中で一番初めに改革を終わらせた。

  2008年、長春映画製作所はリアリティから出発し、長年の農村部をテーマとした映画制作の伝統的なアドバンテージを発揮することに決定し、三農問題に関する映画の制作に力を入れ、独特な創作道を歩むことにした。全国初の国家級農村題材映画制作基地の設立を申し込んだ。中央宣伝部、広電総局、財務省と吉林省政府の強力なサポートを得て、同年7月に許可され、一億元の農村題材映画開発基金の設立も同時に承認された。近年では、全国の六大区に六つの連絡所が設立、脚本1300以上を収集した。撮影を終えた《闘牛》、《大太陽》、《信儀兄弟》等130本余りの優れた作品が映画館、農村で上映、業界の専門家及び幅広い観客の認可と好評を得た。辛亥革命100周年を記念する際に、長春映画製作所が関係業界と協力して、投資1.5億元の史詩巨編《辛亥革命》を撮影した。《辛亥革命》の撮影は、全国政協委員会に辛亥革命100周年を記念するための重大な活動の一つに確定された。映画「辛亥革命」は第31回大衆映画百花賞全8部門全ての部門にノミネートされ、「唐山大地震」と「失恋三十三日」がそれぞれ獲得した7部門ノミネートを超越した。

  20034月には、30ヘクタールの、15億元を投資した中国初のワールドクラスのムービーテーマパーク―長映世紀城が正式に建設を始めた。20055月、正式に開園、 7年間ですでに600万人近くの国内外旅行客を導引し、経済効果は増す一方だった。社会への影響も大きくなり続けている。長春映画集団の重要な経済柱となり、映画制作の発展に貢献しただけでなく、さらに地方経済の発展にも貢献した。李長春氏が長春映画世紀城を視察した際、このような言葉を残した。「長春映画世紀城は文化形式の革新である。」長春映画世紀城特有の映画文化の特徴、中国国内唯一無二の成功、発展パターンはさまざまな角度からの認可を得ることができた。いくつかの省や市は今現在長春映画団体とのコラボレーションを交渉中である。さらなる産業構成の調整、産業のレベルアップ促進のため、長春映画団体は相次いで四大産業項目を始めた。一つ目は「元のままの姿を維持する原則」に基ずき、旧製作所を長春映画製作所及び新中国映画事業歴史の文化成果を展示する製作所へと改造する事業に3.5億元を投資した。二つ目は長映世紀城二期に3.7億元を投資し、世界トップクラスの映画アミューズメントオプション―華夏翔を建設した。三つ目は吉林を拠点とし、全国に向かい、長春映画製作所所有の映画館の建設すること、2012五つ星クラスの映画館を三ヶ所建設した。四つ目はブランドの発揚のため、境界線を越えた発展を実現し、映視アミューズメント、映視商業事務、映視撮影、映視サービスを一体とした世界クラス映画産業集合項目を作りあげた。長春映画制作所は相次いんで中宣部などの四部の委員会に全国文化体制改革優秀企業と全国文化体制改革先進企業に認定された。

 人民日報、新華社、中央テレビなど中央メインメディアはたびたび長春映画製作所改革及び発展状況を報道している。

   http://www.cfs-cn.com/

 

長影世紀城

 

  長春市の美しい浄月潭湖畔に位置する長影世紀城は中国初の世界級映画テーマパークで、長春映画制作所の改革と二次創業のシンボル的な工程であった。

 長影世紀城はハリウッドのいいとこ取りをし、ディズニーを精選して、二つの世界テーマパークの巨人の肩に乗って、中国人自らの「オリエンタルハリウッド」となった。

 長影世紀城は映画のテーマパークとして、映画を主題として一連の娯楽プログラムを開発した。

  特殊効果映画は長影世紀城で最も特色のある旅行娯楽産品である。長影世紀城の園区内には、3D 巨大スクリーン、4D特殊効果、レーザー空中立体、動感球幕、立体ウォータースクリーンなどの5つの特殊効果映画館を設置。現在世界で最先端の特殊効果映画を一つの園区内に集めており、ハリウッド、ディズニーでさえもこれには及ばない。このため長影世紀城は人々から「世界特殊効果映画の都」と呼ばれている。

 「水晶山」内にある 巨大スクリーン映画館は、幅 25 米 、高さ 18 米 , 6階建築相当の高さの巨大なスクリーンを設置し、アジア最大と呼ばれている。 6.1サラウンド 立体音響と立体特殊効果映像は、観衆に想像できない震撼を与える。

 4D 特撮効果映画館上映映画《非常実験室》は、長春映画製作所のアイデアにより、米国有名製作会社が長春映画制作所のため製作した世界唯一の映画で、長春映画制作所が単独で著作権を有する。映画は3次元立体映像を放映すると同時に、嗅覚、聴覚、触覚の特殊効果も体験できる。

 現在世界唯一の室内レーザー、浮遊、音楽、アニメーション一体型のレーザー空中立体映画館が長影世紀城の浮遊宮にある。映画《精霊旅館》も米国著名会社の設計アイデアによる。

 世界で最先端の体感技術と球型スクリーン映画技術を結合した動感球幕映画は、現在米国ラスベガスのカエサル宮、ハリウッドのユニバーサルスタジオと長影世紀城でしか観賞できません。6つの自由に運動する座席の上で25 米 直径の球型スクリーンを前にして, 人々は迫真の宇宙旅行の各種身体状態を体感できる。高度な驚き、超エキサイティング、これが動感球幕映画の観衆の共通の感想である。

 長影世紀城の立体ウォータースクリーン映画館は、特殊な装置を利用して、水を3重の「スクリーン」に変え、水の透明性と移動性を利用して、ハイテクを駆使したホロビジョンシステム及び音、光、電気の同時操作システムにより、彩り豊かで美しくまばゆい立体映像を形成し、人々に新奇な視覚体験を与える。

 伝統映画関連の娯楽プログラムには主に “ 映画特技館 ”と“英雄ショー ”がある。

 長影世紀城は 2005 年国家により4A 旅行景区に認定され、 2006 年再び中国の十大映画パークに入選した。長影世紀城は東北地区の旅行内容を豊かにするだけではなく、中国の映画工業旅行部門の空白をも埋めた。現在、長影世紀城はすでに吉林省および東北三省の旅行客の重要な旅行目的地となり、吉林省の経済発展推進に貢献を果たした。

 現在すでに建設された長影世紀城一期は映画テーマパークで、長影世紀城二期工事の建設後、長春東南部にさらに大規模の長影大世界が出現する予定。長影大世界は娯楽園区、映画制作基地、テーマホテル、旅行不動産を内容として、サービス施設はさらに完備し、娯楽アトラクション内容は更に豊富になる。建設後、中国の最大の映画産業集積地として、アジア最大の映画観光地、世界一流の映画娯楽センター、実にハリウッド、ディズニーと肩を並べる世界レベルの映画文化の旅行業巨人となるだろう。その時には、長影世紀城はさらに強大な旅行経済実力により、地方の経済発展に直接影響を与え発展を引っ張るだろう。