ホーム > 文化 > 長春映画 > 新电影
現在の映画
2015-04-29

 

《闘牛》

  抗日戦争期間、ある八路軍部隊が沂蒙山区の堡牧池に来た、彼らと共にやって来たのは外国友人から送られた一頭の乳牛であった。日本軍が接近し、八路軍は緊急撤退、そのため乳牛を村民に飼育するように頼んだ。村民達は小豆取りの方法で飼い主を選出することにした。未亡人の九児は牛二氏の代わりに小豆を取ったが。生憎牛の飼い主に当たった。残酷な日本軍による虐殺の末、村民全員虐殺されたが、牛二と乳牛は生き残った。別部隊の日本軍がこの地を通った時、負傷兵をこの地に置いていった。その日から乳牛を守るという重大な責任を負った牛二氏はなんとかして日本軍、盗賊、江湖郎中等のさまざまな人間との対応を始めた。気難しいパートナーも彼の悩みであった。

 

《辛亥革命》

  19世紀末20世紀初、清王朝三百年という強大な王朝に内外とも問題が発生、時局は激動、乱世の時代であった。英雄が輩出、重大な歴史変革に直面した。孫中山をリーダーとした仁人志士らは民主共和でしか中国を救えないと考え、一つの革命政党を設立した。目的は満清政府を倒して、人民を主とした民主国家設立することでした。この過程でたくさんの革命家が犠牲となったが、さらに多くの革命家達が遅れた封建体制との戦いに立ち上がった。ついに武昌で辛亥革命の始めての銃声が鳴り響いた。この期間黄興,黎元洪,隆裕太后,袁世凱,汪精偉,宋教仁,秋瑾など、各方面の人物が続々登場し、中国近代史上最も輝かしい一ページを書き上げました。