ホーム > 長春興隆総合保税区
機能や機能エリア
2015-03-25

機能

 

  長春興隆綜合保税区は税関が一定の監督管理原則で、閉鎖化、情報化、集約化の管理を実行し、主な機能は保税加工、保税物流、貨物貿易、サービス貿易、通関などの業務が展開できます。

 

一 保税加工

 

 総合保税区内の生産企業は国内外の二種類の資源を利用し、国際と国内の市場に向けて、保税加工の業務が展開できます。

 

二 保税物流

 

  総合保税区は輸出入企業に対して、保税状態の倉庫保存、運送、付加価値加工、国際中継、一時輸入また輸出などの物流サービスを提供でき、最低の物流コストを利用し、企業を利潤の最大化にさせます。

 

三 貨物貿易

 

  総合保税区の中で、貿易会社の登記ができ、区内の各種の企業は輸出入の権利があるから、全世界や地域的な仕入れ、販売、輸送業務が展開できます。貨物は保税区に入る場合、輸出入の集中輸送の総合処理や付加価値加工ができて、具体的な業務は種類とレベルを区分し、製品を分割仕分け、製品を分け入れて、ケースマークを付けるなどを含みます。

 

四 サービス貿易

 

  総合保税区は保税加工、保税物流、貨物貿易に関する研究発明設計、製品テスト、アフターサービス、アオトン―シング、設備の賃借などのサービス貿易業務を展開します。

 

五 港の通関

 

  総合保税区内の企業は航空、鉄道、道路などの輸送方式を利用し、港間の業務など無障害に処理できます。全部の輸出入貨物は通関申告、監査、通関許可などの手続きが総合保税区で完成できます。

 

---------------------------------------------------------- 

機能エリア

 

  長春興隆総合保税区は、港の作業、保税加工、保税物流、総合的サービスなどの機能エリア4ヶ所から構成されます。長春興隆総合保税区はは建設を時期を分けて実施され、一期の面積は1.76平方キロメートル、税関と中国出入国検査疫局のビル、出る場所、標準工場、出入り監査場所、倉庫、上屋、道路パイプネットワークなどを含ます。

 

一 港の作業区

 

  保税区の南部に16平方メイートルの陸路港の作業区を集中的に建設され、コンテナの積卸、輸送、保存などの港の作業と監査通関業務を展開させ、年に1520TEUを処理する能力があります。

 

二 保税加工区

 

  輸出外向型の加工製造企業は保税区の標準工場を利用し、各種の保税加工業務が展開できます。

 

三 総合サービス区

 

  保税区の網内は企業に対して、12万平方メートルの研究発明、展示と検査維持のエリアを提供する一方、保税区の網外は企業にワンストップサービスを提供するために、3万平方メートルの総合サービスビルを建設し、事務、金融とアフターサービスなどの総合サービスを提供します。

 

四 保税物流区

 

  一期の保税区は60万平方メートルの保税物流区を建設し、保税倉庫、税関監督倉庫を含みます。