ホーム > 長春興隆総合保税区
税関政策
2015-03-25

1.綜合保税区の企業の場合、輸入した企業建設用の機器、設備、モジュール、維持用品など、および合理的なオフィス用品などは関税と輸入環節税を徴収しません。

 

2.綜合保税区の企業の場合、国外から加工輸出用の原料、パーツ、部品、包装物件及び中継品物と区内に保存する貨物は保税します。

 

3.国外の貨物(輸出割当管理に該当する貨物を除く)は保税区を出入りの時、許可書を検査されない上、輸入割当許可は免除されます。

 

4.保税貨物は区内に保存の期限がないが、保存の期限が二年間を超える場合、企業は毎年税関に登記すべきだ。

 

5.区内の企業は加工貿易銀行保証金台帳制度と契約消し込み制度に該当しません。

 

6.国内の企業は国内に貨物を販売する場合、集中的に税関に申請できます。