吉林省は農業の持続可能な発展モデルエリアを構築

時間: 2021-03-29 09:59 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷
 3月19日、グローバル環境基金「吉林西部地区ソーダ・アルカリ湿地農牧用地生物多様性保護と持続可能な土地管理プロジェクト」指導委員会は長春で会議を開き、年度実施案を検討した。
 
 このプロジェクトは我が省が世界食糧農業組織と協力して展開した初めての世界環境基金プロジェクトである。白城牛心套保国家湿地公園などに核心技術集積模範区を設立し、湿地回復、アルカリ地改良、生態農業と草地回復技術の応用普及と環境要因監視、鳥類と魚類資源調査などの業務を重点的に展開した。
 
 このプロジェクトは生態の弾力性がある農牧の持続可能な発展の生態システムを確立することによって、吉林省西部生態脆弱区の生態回復と農業の持続可能な発展モデルエリアを構築し、吉林西部の農家に農業システムから長期的な経済収益を獲得させる。(JL.gov)