第一四半期に吉林省の対外貿易の強力に成長したことの研究

時間: 2021-04-21 10:59 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷
 今年の第一四半期に、全省の対外貿易輸出入は404.1億元を実現し、前年同期(以下は同じ)より39.9%伸びた。そのうち、輸出は86.3億元で、19.8%伸び、輸入は317.8億元で、46.5%伸びた。輸出入の伸びは全国より10.7%を上回って、東北三省一区の第一位になった。
 
 貿易方式から見ると、一般貿易の輸出入は367.2億元で、42.3%伸びて、全省の総額の90.9%を占めた。加工貿易の輸出入は28.4億元で、23.2%伸びて、全省の総額の7%を占めた。
 
 商品の種類から見ると、電気機械製品の輸入は270.3億元を実現し、52.4%伸び、全省の85.1%を占めた。農産物の輸入は14.2億元で、50%伸びた。基本有機化学品、木及びその製品、医薬品及び薬品の輸出はそれぞれ162.2%、16.8%と12.4%伸びた。
 
 国別で市場から見ると、EU、日本、メキシコは全省のトップツリーの貿易パートナーで、それぞれ236.1億元、31.5億元、22.4億元を実現して、三者は全省の総額の71.8%を占めている。米国への輸出入は15.1億元で、33%伸び、「一帯一路」沿線の国家への輸出入は121.4億元で、52%伸びた。
 
 企業の性質から見ると、外資企業は輸出入をリードし、国有企業、民営企業の輸出入もいずれも増加した。外資企業の輸出入は21.3億元で、37.4%伸びて、全省の総額の52%を占めた。国有企業の輸出入は121.7億元で、50.2%伸び、全省の30.1%を占めた。民営企業の輸出入は71.3億元で、34.1%伸び、全省の総額の17.7%を占めた。
 
 市場の主体に焦点を合わせ、対外貿易企業の保障行動、重点プロジェクトの促進行動、対外貿易政策の実行行動及び対外貿易主体の育成行動を展開した。全省500社の重点企業の情報庫を創立することによって、サンプル分析を強化し、対外貿易促進の堅塁点と突破口を探した。20の対外貿易の重要プロジェクトに注力した。政策供給の正確なマッチングを強化した。企業の「貿易+製造」「貿易+研究開発」などの展開を支持して、通用航空、光電子情報、バイオ医薬などの対外貿易産業の発展を推進した。対外貿易主体の育成とアップグレードを加速し、対外貿易の業務能力を強化した。
 
 「オンライン吉交会」の一連の活動を組織し、企業を組織して国内及び国際展示会に参加させ、吉林省対外貿易総合サービスプラットフォームの建設と試運転を行った。加工貿易の革新とアップグレードを奨励し、辺境地区の輸入加工などの業務をサポートした。通商貿易商品の種類の範囲を広げ、珲春通商貿易の実施加工試行を推進する。中継貿易、保税検査修理などの対外貿易の新業態を大いに展開し、「吉林優品」の普及活動を展開し、クロスボーダー貿易の総合試験区の建設を加速させた。
 
 対外貿易の生態環境を最適化し、国際貿易会社、国際サプライチェーン会社、外向型生産企業とクロスボーダーエレクト企業を積極的に導入し、引き続き銀行と企業のドッキング活動を展開し、「農易保」「信用保険プラットフォーム」などの対外貿易融資サービスプラットフォームを最適化した。「長満欧」の運送量の拡大をサポートし、薬品の税関申告のプロセスを加速し、企業がペーパーレス化で輸出入許可証を受領するよう指導した。国境港の「ワンストップ」通関作業システムの関連施設の建設をサポートし、多証合一の改革を全面的に実施し、二ステップの申告、前倒し申告、課税などの便利な通関モードを推進した。(JL.gov