景俊海氏、胡玉亭氏、タイ人客と会見

時間: 2023-11-15 09:42 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷
 1113日、省委員会書記の景俊海氏、省委員会副書記、省長の胡玉亭氏は長春でタイの前国会議長、前副首相、泰・中文化経済協会会長のポチン・ポンラグン氏一行と会見した。


景俊海氏、胡玉亭氏はポチン・ポンラグン氏一行に熱烈な歓迎の意を表明した。景俊海氏によると、「今年は『一帯一路』構想提出10周年だという。先日、習近平総書記は北京でセイタ首相と会見し、『中・泰の親密関係』に新たな時代の内包を与え、両国の伝統的な友好的優位を協力・ウィンウィンの原動力に転化するために良好な基礎を築いた。吉林省はタイの各方面との協力を高度に重視し、長年にわたり、双方の交流と付き合いは日増しに密接になり、経済貿易の往来は持続的に深化し、貿易規模は着実に拡大し、豊かな協力成果を収めた」と指摘した上で、「私たちはタイの各方面とともに両国の指導者が達成した重要な共通認識を深く貫徹し、吉林省の全面的な振興がもたらした時代のチャンスを分かち合い、高水準の対外開放を大いに推進し、双方の友好交流をさらに増進し、新エネルギー自動車、現代農業、医薬健康、越境電子商取引、基礎建設などの面で実務的な協力を絶えず深化させ、質の高い『一帯一路』を建設するために、中・泰の全面的な戦略的パートナーシップの深い発展を推進することは、より大きな力に貢献する」と示した。


ポチン・ポンラグン氏は、「吉林省とタイの各方面の協力の潜在力は大きく、将来性は広大で、タイで吉林省を大いに宣伝し、双方の企業がお互いに投資協力を展開し、互恵・ウィンウィンを実現することを支持する」と表明した。