長影楽団が「夏のカーニバル」をスタート

時間: 2019-07-30 10:23 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

 26日夜、長春市「私と私の祖国」というシリーズ文化芸術活動——長影週末コンサートの『夏のカーニバル』の交響コンサートが演奏され、会場の観衆が夏の暑い日に涼しさと快適さを感じた。

 

 今回のコンサートの指揮担当は青年交響楽指揮の高嵩氏である。青年バイオリン演奏家、長影楽団首席演奏家の何楠以氏及び長影楽団の全体演奏家が集団で演奏する。コンサートは『ダンソンダンスナンバー2』で始まり、9分間の楽曲を通して、叙情的、軽快から強烈になり、視聴者に「美しいメキシコの女性が踊っている」というイメージを表現した。

 

 この他、大人気のミュージカルの『オペラ座の怪人』もあるし、アメリカの映画から選んだ『ダークナイト』『バットマン』もあるし、さらに『ライオンキング』『ピンクヒョウ』『となりのトトロ』などの子供が好きなクラシックアニメの曲もあるし、演出はとても素晴らしかったと言える。クライマックスが交響曲『スーパーマリオ』の音を響かせた時、この曲は多くの人の記憶を呼び覚ました。交響曲の『トランペッターの休日』はトランペットの特徴を現して、銅管楽器の華麗な技巧を余すところなく表現した。