紅旗ブランドが新車種のスーパースポーツカーを発表0―100キロの加速時間は1.9秒だけ

時間: 2019-09-18 08:56 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

 中国FAWグループ有限会社によると、同社は最近、グローバルユーザーに向けて新車種のスーパースポーツカー――紅旗S9を発表した。このスポーツカー車の時速は400km/hで、0―100キロの加速時間は1.9秒しかかからない。

 紹介によると、紅旗S9は新紅旗ブランド初めてのS系製品で、そのスーパースポーツカーの位置づけは紅旗ブランドのデザイン理念、特徴、トップ工程技術などを一体化にしている。新赤旗S9は最新開発のV8T混合動力システムを搭載し、最大の出力は1400馬力を超える。

 

 紅旗S9と同時に発表されたのは、紅旗初の全サイズフラッグ級スマート電力SUVである――紅旗E115である。この車は600kmを超える連続運行能力とL4級の自動運転機能を持っており、0100 km/hの加速時間は4秒以内で、また知能四輪駆動、空気サスペンション及び7種類の運転パターンにマッチしている。

 

 紅旗E115の動力表現とクロスカントリー機能が強いだけではなく、また道路状況、運転者の好みと運転計画によって、運転方式、自動運転レベル、人機のインタラクティブな情景と車内の雰囲気などの個性的な設定が知能的に選択して確定できる。

 

 1958年に紅旗ブランドが創立されて以来、紅旗乗用車は長期的に中国の重大な祝典活動の検閲車として使われ、中国の民族自動車ブランドの中の高級ブランドの代表の一つである。復興を加速させるために、紅旗ブランドはすでに市場化改革をスタートさせ、新たな戦略を発表し、豊かな製品を通して市場に進出するよう努力している。紅旗ブランドは2025年までに17種類の新製品を発売し、新エネルギー車とSUV車を含む。今年の前8ヶ月に亘って、紅旗ブランドの自動車販売台数は5.2万台を突破し、昨年の同期より231%が増え、8月だけの販売台数は1万台を突破した。