蓮花山世茂スキー場が運営を初めて観光客を迎える

時間: 2019-11-20 09:17 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

 

 16日、長春蓮花山世茂スキー場で盛大な初滑り式が行われた。我が市が今年に運営を始める最初のスキー場として、長春蓮花山世茂スキー場は真っ先に我が市の2019-2020年のスキーシーズンの幕を開けた。

 

 式典現場では、スキー場のコーチチームがピカチュウの着ぐるみを着てスノーボードを披露し、来場者に素晴らしいパフォーマンスをもたらした。これからの半月間に亘って、長春蓮花山世茂スキー場はすべてのスノースリップウェー、ロープウエー、地形公園を順次に開放し、観光客のためにより豊かなスノースリップウェー、より全面的な遊び体験とサービスを提供することを目指している。11月末には夜間イベントを開催して、バーベキュー、花火、夜間ケーブルカー観光などの夜間イベントを提供するほか、また音楽祭、花火祭、夜間スキーなど豊かな夜間サービスを提供する予定である。その他、スキー場は前のスノーシーズンに行われたサービスイベントを続けて、毎週の水曜日の夜にすべての女性観光客に無料なスキーサービスを提供する。

 

 聞くことによると、長春蓮花山世茂スキー場は12月下旬に「2019-2020年国際雪聯フリースキーエアテクニックワールドカップ」を開催する予定で、これは2022年北京オリンピック期間中に我が国で開催される最高級の国際シングル種目の一つであり、また各国の選手のための国際ポイント試合とオリンピックポイント試合である。市民が競技期間中にスキー場が新設された新しいスタンドで国際トップレベルのスキー試合を観覧することができる。