総投資額1万億元の「新型インフラ施設建設」で長春の飛躍通路を拡大

時間: 2020-05-19 10:47 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

 

 420日、国家発展改革委員会は4月分の定例記者会見で、初めて公式に「「新型インフラ施設建設」の概念と内包を解釈した。新型インフラ施設は新発展理念を牽引にして、技術イノベーションを駆動にして、情報インターネットに基づいて、高質量の発展のために、デジタルモデルチェンジ、スマートアップグレード、融合革新などのサービスを提供するインフラ施設体系だ。

 

 最近、吉林省委員会、吉林省政府は、新型インフラ施設建設の「761」プロジェクトを実施すると決め、「第14次五カ年計画」の中に、2188の新型インフラ施設建設プロジェクトを謀り、総投資額は10962億元になり、5Gインフラ施設、超高圧、都市間高速鉄道と軌道交通、新エネ自動車充電スポット、ビッグデータセンター、人工知能、工業インターネットなど「七つの新型インフラ施設」の建設を快速に推進する。スマート情報網、道路網、水道網、電力網、ガス網、市政府インフラ施設網など「六つの網」を全面的に引き上げる。社会事業の欠点を着実に補う。

 

 長春市は主要リーダーによるリーダーグループを速やかに発足し、専門研究グループを設立し、長春市新型インフラ施設建設の「761」というプロジェクトの整体方案を作成し、速く計画してマッチングしはじめた。現在、長春市は940の新型インフラ施設建設の「761」プロジェクトを計画・推進し、総投資額は10131億元になり、「四つの部分」の率先発展、優先発展、快速発展を大いに推進し、長春市現代都市圏の建設に強力なエネルギーを注いだ。