長春国際映画都市展示センターがオープンした

時間: 2020-06-29 09:35 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

 長春市のハイレベル発展の「四つの部分」の一つして、長春国際映画都市の建設は速やかに進められている。27日に、浄月高新区にある長春国際映画都市展示センターは公式に使えるようになった。その外形は曲線感を持ち、「ゴールデンフィルム」と似ている建築は夜色で輝いており、長春国際映画都市の発展青図を展示する窓口となっている。張志軍市長は出席して展示センターの開幕を発表した。

 長春市は「映画都市」という美称を持ち、映画の遺伝子は長春市の血脈に溶けている。長春国際映画都市は長春市の映画文化と豊かな生態資源を頼りに、長春国際映画都市中心区を牽引にして、全面的に国際化、デジタル化、産業化の映画産業チェーン基地を築き、現代サービス業のハイレベルの発展モデルエリアを構築する。長春国際映画都市中心区は映画・テレビ文化観光の産業チェーンをカバーし、映画撮影基地、5Gデジタル映画産業パーク、映画教育基地、映画博物館よりなっている。その他、文化観光総合帯、高級ホテルグループ、商店街などの施設もある。吉林省と長春市の統合によって、浄月高新区とプログラム所有者の協力を得て、緊密に協力し、全力に推進し、計画から着工まで5ヶ月だけで長春市の新たな発展スピードを刷新した。

 

 今後、長春市は長春国際映画都市展示センターの投入と使用をきっかけにして、長春国際映画都市の建設を加速する。それを長春市の生態高地、ファッション高地、デジタル高地につくり、全面的に長春国際文化観光創意城を建設する。