2020中独自動車大会は市場情報紹介及び一汽製品戦略発表会を開催

時間: 2020-10-13 09:43 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

振興発展のチャンスを共有し、長春国際汽車城を共同建設へ

王凱書記の挨拶と張志軍副書記の司会

省委員会常務委員、市委書記の王凱氏

市委副書記、市長の張志軍氏

 金木犀の香り漂う、きらびやかな10月の秋。12日に、2020中独自動車大会が開幕し、長春市場情報紹介及び一汽製品戦略発表会が行われた。省委員会常務委員、市委書記の王凱氏が挨拶し、市委副書記、市長の張志軍氏が司会を務めた。

 今回の中独自動車大会は、長春市が、習近平総書記の吉林省視察時重要講話の重要指示の内容を徹底して実行し、国の自信を倍増する小康社会の全面的な建設に向けて勇気を奮って前進する肝心な時期に召集したもので、その意義は重大である。

 王凱書記は市委員会、市政府を代表し、国内外のゲストと企業家の来訪を歓迎し、長期にわたり長春自動車産業の発展に関心を持つ各界の方々に感謝の意を表した。また、王書記は「今年に入って、疫病発生の衝撃と厳しい経済情勢に直面して、我々は危険の中を安定して前進し、困難の中、着実に発展し、全力で長春の近代化都市圏の建設を推進し、率先して「四大プレート」を開発し、全市の経済は積極的によくなっている。」と述べた。

 

 続けて、「長春は自働車の都市で、国家的自働車ブランドを盛り上げるために、私たちは努力している。長春は自ら『双循環』に関わり、内需拡大を奪う戦略のチャンスと東北地区の振興のチャンスの時代において、一汽などの企業が「新四化」を行うことを積極的に支持し、生産能力・スケジューリング・組み立て・決済・人材・イノベーションの6つの回帰」を加速し、新エネルギー・スマートインターネット自動車の成長と自主ブランドの育成など、長春を世界的な高級自動車の生産・開発拠点とし自動車産業の質の高い成長モデルとすることに尽力する。企業家たちが今回の大会をきっかけに、産業発展、プロジェクト投資、技術革新、ブランド設立などの面で、長春や一汽との協力を全面的に深めてもらいたい。市委員会、市政府は最善の政策、サービスと環境を提供し、皆が安心して投資し、安心して創業し、安心して発展できるように努力し、共に長春の振興発展の新局面を開拓する」と述べた。

 

 一汽集団共産党委員会常務委員で副総経理の王国強は、一汽製品戦略企画を発表し、新しい「紅旗」ブランドとして全力で「紅旗」卓越製品戦略企画を実行し、既存の8製品の量産だけでなく、将来五年で、20の新製品を出すこと、純電気自動車の販売数比率を25%以上とすることを目標とした。その上で、多くの供給チェーンパートナーと長春市に、中国一汽と協力して、「6つの回帰」を共同で推進し、自動車産業の発展に新たな輝きを生み出すことを心から望んでいると述べた。

 

 発表会では、市共産党委員会常務委員、常務副市長の王路は市場情報の紹介を行い、副市長で自動車開発区共産党実行委員会書記の王海英は長春国際汽車城を紹介した。また、重点プロジェクトの調印も合わせて行われた。

 

 発表会には、商務部、省商務庁の関係者や、市指導者の王長久氏、高玉龍氏、李忠斌氏、宋葛龍氏、何泉秀氏、そして、一汽集団及び一部の中央企業、自動車部品企業の代表などが参加した。