長春市外事弁公室が「領事保護が学校に入る」という宣伝活動を展開

時間: 2019-11-27 13:07 情報源: 长春日报
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

 予防的な海外領事保護の宣伝の範囲をさらに拡大するため、小中学生に向けて海外の領事保護知識を広く宣伝し、海外のリスク防止能力を高めるため、1126日に、長春市外事弁公室と市教育局が共に長春市第二実験中学校で「領事保護が学校に入る」という宣伝活動を行った。

 長春市外事弁公室領事処の担当者が「海外領事保護と協力活動」のテーマ講座を行い、大量の海外で発生した領事保護判例を通して、海外領事保護知識安全常識を活発に説明した。市教育局の担当者は留学の注意事項を説明し、学生たちに海外留学に関する安全知識を宣伝し、学生に海外安全注意事項と対策を教えた。

 長春市第二実験中学校の百人以上の教師と学生がイベントに参加した。このような活動は海外留学、観光、親戚訪問などに必要だということで一致して、関係の領事保護知識は生活と寄せて、実用に適しており、情報が豊かで、これからこのような活動がよく行われることを期待している。

 今回の活動はさらに政府が積極的に指導し、社会が広く参与し、個人が予防を強化する良好な局面を構築して、「小さな手が大きな手を引く」という方式によって、海外の安全事件の発生を源から最大限に減らすことを目指して力を入れる。