長春市は22条の措置を打ち出して、中小企業と共に難関を乗り越える

時間: 2020-02-11 10:01 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

 最近、市政府弁公庁は『長春市がコロナウイルスに対応して、中小企業と共に難関を乗り越える政策措置』(以下、『政策措置』)を印刷した。習近平総書記がコロナウイルスに打ち勝つことについての重要な指示精神を深く貫き、党中央、国務院、省委員会、省政府が新型コロナウイルス肺炎の発生状況に対応するための方策と配置を全面的に実行し、中小企業を支援し、共に難関を乗り越えることを目指している。

 『政策措置』には、金融支援を強め、労働者を安定させ、企業の負担を軽減させ、政策の実行を充実させる四つの面から計22条が含まれる。執行期間は暫定的に政策発表の日から3ヶ月間とする。

 金融支援を強める政策措置については、小微企業の貸付金が下がらないよう確保し、小微企業の資金調達コストの低下を確保し、各政策的金融機関の「国家チーム」の役割を発揮させ、防疫物資企業の生産回復と拡大をサポートし、保険の保障作用を十分に発揮させ、地方金融機関と類金融機関が中小微企業に差別化のある金融優遇サービスを提供するよう奨励する。

 労働者を安定させる政策措置については、企業を支援する労働者を安定させる政策を実施し、国家の規定基準と条件に従って、人員削減や人員削減の少ない保険加入企業に対して、前年度に実際に失業保険料を納付した50%を返還する。疫病のせいで着工できなくなり、あるいは業務量が大幅に減少し、人員削減や人員削減が少ないという保険加入企業に対して、返還基準は12ヶ月の現地月間の一人当たり失業保険料と保険加入者数で確定する。企業は養老保険、失業保険、労災保険加入登録、納付などの業務を期限切れて行う場合、関係機関はすぐ受理すべきである。費用の支払いを期限切れて行った場合は、保険加入企業と労働者個人の権益記録に影響をもたらさない。

 企業の負担を軽減させる政策措置については、「会わない」審査承認の実施を推進し、中小企業の税金を免除し、税金の支払いを延期し、税金還付サービスを最適化させ、双創基地がミクロ企業の賃貸料を減免するよう導き、水道とガスの支払いを引き延ばし、都市インフラ整備料金の支払いを一時的に引き延ばし、政策の実現速度を速め、貿易支援を強め、研修費補助政策を実施する。

 政策の実行を充実させる政策措置については、企業がコロナウイルス疫病状況に対応する生産回復と拡大支援メカニズムを確立し、未払い債権の長期滞納を防止する効果的なメカニズムを確立し、業界の特別政策サポートメカニズムを確立することが含まれる。