九翔億羽肉鶏産業チェーン園区プロジェクトは契約した

時間: 2020-03-25 09:16 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

 九台区が今年に重点的に推進する「三早」プロジェクトの一つとして、九翔億羽肉鶏全産業チェーン農産物加工園区プロジェクトが先日に投資フレームワーク協議を契約したプロジェクト計画の総投資額は33.8億元で、11のサブプロジェクトを建設する予定である。これは今年全国の家禽類企業の4億羽肉鶏プロジェクトの中で最大の投資プロジェクトでもある。

 

 当プロジェクトの所在地は九台区上河湾鎮を中心としており、そのうちの肉品の深加工とコールドチェーン物流プロジェクトは九台区龍嘉街道に位置して、50万トンの飼料工場、50万セットのブリーダーファーム、億羽の鶏孵化場、一億羽の肉鶏養殖場、一億羽の鶏屠殺工場、4万トンの肉製品の深加工工場、20万トンの有機肥料工場、1万トンの家畜無害化処理工場、30ヘクタールの林果基地、百棟の有機棚野菜園区、5万トンの農産物倉庫保管コールドチェーン物流など11のプロジェクトを建設する予定である。プロジェクトの総敷地面積は約405ヘクタールで、そのうちの建設用地は40ヘクタール、施設農用地は365ヘクタールで、建設期間は5年間と計画する。

 

 「九台区がプロジェクトの計画、土地、電力などの資源配給に力を入れてくれた。」吉林徳翔グループ九翔農業発展有限会社会長の王樹強氏によると、九台区のプロジェクト専門チームメンバーは積極的にサービスを提供して、手続きを行い、難問を解決するなどの仕事を進め、プロジェクトの実行を加速させた。

 九翔農業発展有限会社は吉林徳翔グループの子会社である。現在、吉林徳翔グループはすでに食糧購買販売、飼料加工、ブリーダー鶏の繁殖、鶏雛の孵化と放牧、肉鶏の回収、屠殺及び販売を一体化にした生産と販売の全産業チェーン農牧グループを形成している。