中韓(長春)国際協力モデル地区は、1日で2つの幸せを迎えた

時間: 2020-11-17 09:32 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

 仏山市偉智創光電科技有限公司および深圳君豪集団と、総額308億元の国際科学教育都市プロジェクトに署名し、外部の人材を引き入れ、中山大学の教授、博士生の講師、および仏山市偉智創光電科技有限公司の創設者である王鋼教授と彼の専門家チームを、科学技術のシンクタンクとして招聘した。 15日、中韓(長春)国際協力モデル地区に2つの幸福がやってきた。

 

 同日、仏山市偉智創光電科技有限公司および深圳君豪集団、中韓(長春)国際協力モデル地区が国際科学教育都市プロジェクトの共同開発について署名した。深圳君豪集団は、308億元を投資して、中韓(長春)国際協力モデル地区に、商業、文化とスポーツ、医療観光、健康、居住、そして幼稚園から高校までを一体とした国際レベルの複合施設を建設する予定だ。プロジェクトの第一段階は、4億元の投資で北東アジア国際光電子技術研究所の開発を主導した。

 

 この研究所は、光電子半導体材料および装置製造の分野で、基礎応用研究と高等応用研究開発、成果の商業転用、業界の育成および人材育成を統合し、中国の独自の光電子半導体材料、チップおよび機器の研究開発の工業化を加速する。この研究所は、大規模なプロジェクト、大規模なチーム、および大規模なプラットフォームをキャリアとして使用して、光電子半導体の新たな業界クラスターを構築する。同時に、王鋼教授と彼の専門家チームの研究結果に基づいて、光電子半導体統合チップ、スマート製造設備、光電子材料、機器のイノベーティブな応用製品などのプロジェクトインキュベーションは、光電子半導体の実用化を推進し、長春の光電子企業のスマート化するモデルチェンジを促進し、国際的に有名なブランドを構築し、国際的に競争力のある光電子半導体スマート製造工業地帯を形成し、長春の技術革新をリードする技術的ランドマークになる。

 

 「私は長春出身だ。以前は吉林大学で勉強していた。今は故郷に戻って重要なことをすることに興味がある。」王鋼氏は、研究所が定住した後、専門家チームと一緒に成長し、長春光電子半導体スマート製造産業区で約10年間過ごすよう努め、長春の当該事業を1,000億レベルの産業とし、科学技術分野の上場企業を育成すると述べた。

 

 「私たちの政策上の利点は徐々に顕著になり、投資主導の効果は徐々に良くなっている。」モデル地区の担当者は、次のステップは、モデル地区で設立された企業やプロジェクトに、健康食品、スマート製造、バイオテクノロジー、光電子、情報技術、現代サービス業などの方向に定め、ハイエンド分野を目指し、ハイエンド技術をマッチングし、ハイエンドな人材を集め、「第145カ年計画」期間中に、100箇所の主要な研究所またはRDセンターを建設する予定だと述べた。