FAW-VWが自動車のインターネットを研究と開発し、「新しい四つの近代化」ブームを迎える

時間: 2021-01-08 11:02 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

近頃発売されたBORA2021モデルは、その標準的な車両ネットワーク機能のために大きな注目を集めている。インテリジェントコントロールカー機能により、ユーザーはリモート点滅ライトとホイッスルを使って、車両の位置を表示でき、また、携帯電話アプリを使って、ロック解除、ジオフェンスのプリセット、車両ステータスの表示および走行統計を表示することもできる。


インターネット技術の急速な発展に伴い、自動車は徐々に旅行ツールから生活の重要な部分になり、自動車ユーザーはスマートアプリケーション、相互接続機能および人と車の相互作用へのニーズがますます高まっている。自動車産業技術の継続的なアップグレードの急増により、「新しい4つの近代化」のブームが起こり、FAW-VWは技術革新と製品研究開発の革新を続け、積極的に新しい変化に直面し、モバイル旅行サービスの分野で前進している。自動車インターネットへの持続的な探索と研究開発はFAW-VWの「創造的な変化」の1つだ。FAW-VWは自動車インターネットでの発展実力はBORA2021モデルから見ることができる。


自動車インターネットのインストール率では、マゴタン、タニュエなどの車種で車両のネットワークシステムを開発しており、2020年には接続車両数が約9万台になり、MQBないしMQB 37Wプラットフォームのすべての車種に拡大されていく。 Jettaブランドは、VS7VS5などの車種でカーネットワーキングサービスを備えており、現在、40,000台の車両が接続している。


数日前、FAW-VWVW中国は共同で設立したMOSインテリジェント科学技術有限会社の総経理である趙士乾氏はインタビューを受けた時に、現在の自動車消費はより多くの運転体験を追求しており、ユーザーは自動車がシーンの延長になること、特にスマートホーム、ガレージ、コミュニティ、ゲート、ショッピングモールなどまで延長すると望んでいる。

消費者のインテリジェントサービスに対するニーズに直面して、FAW-VWは単にデジタル技術と機能を車のモデルに重ね合わせるだけでなく、デジタル技術と自動車インターネット技術を消費者の外出のシーンに入れて、科学技術を本当に人々に利用させる。


自動車インターネット、ビッグデータ、5Gなどの情報技術の開発により、自動車業界に新たな変化が起こってきた。これらの変化に直面して、FAW- VWの対応は、製品とサービスだけでなく、企業の管理と運営にもある。


スマート工場は自動化の速度を改善し続け、デジタル化を利用して管理、ビッグデータと物流とのドッキングを引き上げている。管理から生産、また製品の販売とポストサービスまで、FAW-VWは各の革新を通して、自動車インターネットなどのデジタルテクノロジーとサービスの向上を推進し、消費者とユーザーに優れたモバイル旅行体験を与える。