聯東U谷・長春経済開発国際企業港プログラムのオンライン調印式が長春で開催

時間: 2021-02-22 09:54 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

  近頃、経済開発区と連東集団とリアンドングループは、連東U谷・長春経済開発国際企業港プログラムのオンライン調印式を開催した。

 

  会議では、聯東集団の副社長である段朝暉氏は当該グループの全体的状況、プロジェクトの現在の状況および次の計画を紹介した。段氏によると、聯東集団は当該のプロジェクトを東北地方でのサンプルモデル区につくる自信を持っている。同時に、このプログラムによって、経済開発区の産業集中に新たな活力を加え、また、今回の調印をきっかけにして、双方の協力を推進する。

 

  何泉秀氏の発言によると、今回の調印式はまず特別な意味があり、記念すべきだ。調印の日は大晦日の前日だけでなく、それは「第十四次五カ年計画」の初めての年で、東北振興発展と経済開発区2021年の初めに計画する重要なことだ。新型コロナウイルスの影響を克服してオンラインで調印するのは当該集団の着実な風格が見られる。今回の成約は経済開発区の2021年ないし未来の発展に極めて大きな役割を果たす。次に、当該プログラムに自信に満ちている。20196月、聯東集団の北京本部に赴き、調査・視察を行い、集団のビジネスモデルやブランド戦略を賞賛し、その経営哲学に興味を持っている。また、当該プログラムの名称も特別であり、双方の協力によって、当該プログラムは吉林省長春での影響力を引き上げ、聯東の多数のパークの中の最も輝かしいダイヤモンドになる同時に、今回の協力で政府と企業との協力のモデルにする。最後に、経済開発区はサービスと保障をよくし、全力にプログラムの建設を推進する。特別なサービス機構を成立し、土地の規画と関係の手続きを解決し、当年に土地を利用して建設できるようにする。また、東聯集団はプログラムの計画をよくし、企業誘致を推進することが望まれる。

 

  何泉秀氏は、このプログラムの定住は双方の協力のスタートであり、今後の企業誘致・資金導入では、聯東集団のリソースの優位性を借りて新たな協力モデルを探索すると述べた。最後に、何氏は聯東集団に新年の祝福の意をあげた。

 

  聯東集団は北京銀行民営企業の最も大きな株主で、本部は北京にあり、1991年に創立し、中国の産業パークを運営する領域の最も影響力を持つ集団化企業であり、9年間連続で中国産業パーク運営優秀企業のトップで、実力も強くて、品質もよくて、自らでプログラムを持っている特性があり、すでに「聯東U谷」というブランドとモデルになっている。現在、当該集団は北京、上海、広州など65の都市で270以上の投資運営産業パークを投資し、13000以上の新しい企業と科学技術の会社を導入している。

 

  聯東集団は投資して建設した聯東U谷・長春国際企業港プログラムは産業総合体に位置づけ、ハイレベルの製造、研究・開発産業集中エリアをつくり、その後、上と下のハイレベルの産業集中地になり、プログラムの定住は各の区に意味も大きい。