数千億元の生産額を確保し、現代化肉牛拠点を構築

時間: 2022-01-13 10:28 情報源: 中国驻韩国大使馆
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷

「長春市「わらを肉へ」及び300万頭肉牛産業建設プロジェクト実施計画」の解説

 

「第145カ年計画」期間の終わりまでに、長春市の繁殖させた肉牛は300万頭以上に達し、長春市の肉牛産業関連の生産額は1,000億元に達した。... 長春市は「長春市「わらを肉へ」及び300万頭肉牛産業建設プロジェクト実施計画」を発表し、「第145カ年計画」期間中の長春市の肉牛産業の成長の主な目標、開発戦略、重要タスクについて詳細な調整を行った。


【国内に重要な現代化肉牛加工拠点を建設】


昨年の初めに、長春市は300万頭肉牛産業と「わらを肉へ」のプロジェクトを開始した。過去1年間で、成長は急速化した。これまでに、当市の肉牛産業に1億元以上を投資する13のプロジェクトが開始された。その中で、長春都市開発農業投資グループの百万頭の肉牛生産消費一体化プロジェクトのコアサブプロジェクトが開発を開始し、2,400頭の輸入された高品質の基礎母牛の最初の1組が厩舎に入れられた。皓月集団の肉牛200万頭(長春100万頭)の生産消費一体化プロジェクトのいくつかのサブプロジェクトが、「三早」プロジェクトと重点立ち上げプロジェクトにリストアップされ、開発が開始された。農安県巴吉塁鎮にある5万頭の肉牛繁殖の特色ある産業都市の新型都市化プロジェクトも急速に展開している。


これらのプロジェクトを基盤として、「長春市「わらを肉へ」及び300万頭肉牛産業建設プロジェクト実施計画」が提出され、国内外の消費者市場に向けて、総合的な生産能力と供給保証能力、市場競争力を継続的に改善し、特に長春市が吉林省の数千万頭の肉牛産業の発展に影響を与え、国内の重要な現代化肉牛生産加工拠点を開発し、具体的な目標を設定した。


つまり、「第145カ年計画」期間の終盤までに、長春市の肉牛は300万頭以上を達成し、そのうち215万頭以上を飼育し、85万頭以上を出荷し、長春市の肉牛産業関連の生産額は1000億元を達成し、そのうち繁殖産業の生産額は260億元、屠殺加工産業の生産額は340億元を達成し、牛の飼料用わらは720万トン以上、長春市のわらの飼料化は60%を達成し、肉牛の良種化率は98%に達するように設定したのである。


【「一センター、六拠点、大園区、小農場」のパターンを構築】


上記の計画によると、「長春市「わらを肉へ」及び300万頭肉牛産業建設プロジェクト実施計画」は、「一センター、六拠点、大園区、小農場」の発展パターンに照らして、主要都市部の資源利点と産業チェーンの上流に立ち、皓月集団、新牧公司、都市開発集団など既存の運営センター及び加工園区に関する方面を基礎に、さらに、生殖質資源のクラスター、科学的研究とイノベーション、調理済み食品加工、特別食、生物医学、電子ビジネスなどのビジネスリソースが集中している肉牛産業本部の経済核心区の開発を企画する。公主嶺市、楡樹市、農安県、徳恵市、九台市、双陽区は、肉用牛の繁殖、飼料資源、土地運搬能力とサービス保証システムに見合うように、繁殖、屠殺、加工が差別化を発展させた6つの肉牛産業現代化生産拠点を開発する。中心区域と六大拠点内に、少なくとも9つの肉牛産業園区、二つの現代化産地拠点、1つの国際化肉牛研究開発イノベーションセンターを開発する。


農家の収入を増やすための小農場の開発は、長春市の肉牛産業の成長のための手段である。不完全な統計によると、昨年以来、数万世帯の中小規模世帯が繁殖規模を拡大し、4,000の事業主が新たに参入された。


【「七大アップグレードプロジェクト」と「五大産業システム」を精力的に構築】


上記の目標に焦点を当て、将来的には、肉牛の繁殖能力、基礎母牛の拡大と増加、肉牛の肥育生産、屠殺及び加工能力、マーケティングの拡大とブランド運営能力、最先端の企業育成、そして強力な町、特色ある小鎮の開発プロジェクトなど七大産業建設能力向上プロジェクトを具体的に実施する。同時に、飼料飼料の生産と供給、家畜の糞尿の資源利用、畜産と獣医の技術サービス、畜産を支える「政府銀行保証」連携支援サービス、肉牛産業デジタル化情報支援など五大産業開発支援サービスシステムを構築し、
2025年には、2つの肉牛繁殖強県、4つの肉牛繁殖強県、4つの肉牛繁殖大県、20の肉牛繁殖の強鎮、300の肉牛飼育専門村、3,000の肉牛飼育大事業主、九大肉牛園区、1つの100億元、2つの10億元、6つの1億元以上の肉牛産業化のトップ企業を育成し、業界全体の総投資融資額の資金調達規模は300億元を達成する。