張恩恵氏は54路線文旅専用路面電車を体験

時間: 2024-02-08 10:14 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷
 

這有山」と動植物公園西遊記テーマイベントを踏査し、文旅産業の特色ある発展を調査

文化によって質の高い発展を実現し、質の高い生活を豊かに

「長春、すなわち長春」の時代的内包を掘り起こし


6日夜、市委員会書記の張恩恵氏は文旅産業の特色ある発展について調査研究した際、「習近平主席の文化思想を深く実践し、文化によって質の高い発展、質の高い生活を豊かにしなければならない。『長春、すなわち長春』の時代的内包を掘り起こし、都市の文化的特色と精神的気質をはっきりと示し、文旅産業の質の高い発展を推進するよう」と勧めた。


元旦後に運行を開始した54路線の文旅専用路面電車は、運行歴80年の54路線の路面電車に新たな文化的内包を与え、流動的な風景となっている。午後6時、張恩恵氏一行は長影駅から乗車し、実地体験であると同時に、現場調査を行い、運営側と深く交流し、市場の反響、文旅の融合、発展計画などの状況を理解し、江蘇省や広東省などからの観光客らと頻繁に話しかけ、長春での観光体験について質問した。皆の共通の感想は、長春は文化の奥深い都市である。


張恩恵氏は、「54路線の路面電車は長春の人々の世代の記憶を担っており、都市の特色であり、重要な文化資源だ。文旅列車は歴史・文化・現代の要素が一体となり、包括的な列車である。自信を固め、長期的な視野で専用列車の発展問題を研究し、経済帳簿をつけるだけでなく、大帳簿、総帳簿、長期帳簿をつけて、この都市ブランドをしっかりと育てなければならない」と述べた。


紅旗街「有山」は文旅融合発展の代表であり、観光客にとっては必須のスポットでもある。張恩恵氏一行は高低差のある特色ある飲食エリア、文化クリエイティブエリアに足を踏み入れ、実際にショッピングモールの運営状況を把握した。ショッピングモールが消費者を引き付けるために毎年40%の業態を更新していることを知ると、張恩恵氏は何度もうなずき、「消費体験のグレードアップと変化に順応し、絶えず革新し、絶えず改善し、絶えず向上させ、大衆の多元化、個性化した消費の需要をよりよく満たそう」と強調した。


発展の前提は安全である。張恩恵氏は企業の安全管理の仕事をランダムにチェックし、「管理は企業の永遠のテーマであり、人気があればあるほど、安全管理にしっかりと取り組まなければならない。『有山』の構内地形は複雑で、安全計画、安全訓練を行い、踏みつけ、火災などの事故を厳重に防止しなければならない。安全責任を各事業単位と従業員に細かく分配させ、いったん有事になれば、従業員が安全かつ迅速に秩序立てて撤退できるようにしなければならない」と強調した。 


公園は変わらなかったが、文化的な力によって、市動植物公園は変わった。張恩恵氏は公園西遊記のテーマIPの開発状況を実際に聞き、「運営側がより多くの没入型・体験型のイベントや製品を打ち出すことを奨励し、観光客の消費意欲をさらに刺激しよう」と建言した。


張恩恵氏は調査研究の中で、「文によって人を化し、文によって人に恵み、文によって都市を潤い、文によって業を興じ、都市の歴史文化資源を良く利用し、『長春、すなわち長春』の時代的内包を掘り起こし拡大することを堅持しなければならない。長春は都市の名前であると同時に、都市の内包を表しており、歴史・文化・民俗・都市の肌理などの集合体であり、都市の過去・現在・未来を代表している。現在に立脚して、私たちは都市の記憶を伝承する中で、勇敢に創造し、54路線文旅専用路面電車、『有山』などの新しい消費シーンをもっと多く作り出し、物質的な豊かさと精神的な豊かさを両立させなければならない」と指摘した。