タイプラチブリ県友好都市交流連絡担当者の楊遇春氏が長春を訪れ

時間: 2019-05-28 10:37 情報源:
【字の大きさ: さらに大きく 大きく 標準 印刷
 

市外事弁公室港澳処の招待に応じて、タイプラチブリ県友好都市交流連絡担当者、ダンニャサタイマッサージ及び東方草薬学院CEOの楊遇春氏が我が市を訪れた。


524日午前、楊遇春氏は長春博大喜宝産婦人科病院(月子センター)を訪れ、病院側の主要な指導者に随行してくれて、楊遇春氏は相次いで月子センター、産婦人科病院の外来部、入院部などを見学した。また、病院の指導者と一緒にタイマッサージ、タイ草薬が産婦看護と産後回復における応用協力を導入することについて実務交流を行った。


当日の午後、市外事弁公室の段華旭副主任、于暁雲処長に随行され、楊遇春氏は長春中医薬大学学長の宋柏林氏と面談した。宋学長に中タイ国伝統医薬を発揚し、校際交流を促進する願望を表し、宋学長は歓迎して称賛した。

その後、我が弁公室と長春中医薬大学が日新楼蘭蕙国際会議センターで「中国長春―タイプラチブリ県友好都市開放日活動及び中タイ養生保健学術交流会」を開催した。講演者の楊先生が養生愛好者に彼の個人独創の有効な養生の道——「逆向養生道」を模範して説明した。長春中医薬大学の教師と学生は深い興味を持って聞いて、真剣に関連内容を勉強する。講演が終った後、楊先生と港澳処及び現場16名のタイ医学専門の留学生と交流した。

楊先生によると、今回の訪問は視野を広げて、たくさん勉強させると言える。今後は市外事弁公室の協力に基づいて、両市の友好交流と実務協力を促進することにより多くの力を捧げたい。