ホーム > ニュース > ニュース
長春市は「3.15消費者権益デー」授賞式を行い、現場で消費権保護者を表彰
2017-03-16

 「信頼は長春市の価値であり、安心消費は市民の美しい希望である。」14日の夜、我が市は初めて開催した「3.15消費者権益デー」授賞式が長春ラジオ・テレビ局で撮影し、娯楽チャンネルで放映された。副市長、公安局の局長呂鋒氏は現場に出て、2016年長春市消費者権利保護者に授賞した。

今回の活動は長春市工商局、長春市消費社協会より主催され、「誠実長春、安全消費」をテーマにする。授賞式の内容が多くて、現場インタビューもあるいし、文芸演出もある。同時に、2016年長春市消費権保護者、優秀消費権保護義務監督員、消費者好評機構に授賞した。

今年消費者検疫保護のテーマは「インターネット信頼、安全消費」であり、主にインターネット消費、高齢者消費、先払い消費、家具消費などを注目し、特別の事件を通して、消費者にいかに真と偽を弁別し、消費者を合理的に消費させて、消費者の権益を犯した行為を警告した。

 今回の活動は長春ラジオテレビ娯楽チャンネルで再び上映し、それぞれ3151625分と3181330分である。