ホーム > ニュース > ニュース
長春市初めての地下鉄路線が6月30日に開通
2017-04-19

415日、長春軌道交通集団から取材したことによって、長春地下鉄1号線は630日に開通運行とする。今は調整しているところで、駅の建設がそろそろ終わるようになる。その後、当該線路は今の長春モノレール3号線、4号線と「モノレール+地下鉄」という立体軌道交通ネットとなる。

 長春地下鉄1号線は吉林省内初めての地下鉄路線であり、一期目プロジェクトは全長18.14キロメートルで、すべて地下の路線で、15ヵ所の地下駅を設ける。1号線は20126月に全面的に施工し、20169月末まで熱滑車を求めた。今まで、各システムが運営の要求によって繰り返して試験されて、予定通りの開通を確保する。

当該線路の大部分の駅の建設は最後の段階に入り、駅のデザインは「都市の記憶」を主題にして、駅ごとに現代の特色と歴史の変化が見られる。長春地下鉄1号線の長春市政府駅で、赤色と白色で塗り、長春市の特色を持っている浮き彫り、壁絵、書道などの要素で飾られて、暖かい雰囲気が感じられている。

長春軌道交通集団運営第一会社の王副経理によると、1号線の運営が必要な408名の関係者が集まっている。皆はプロのトレーニングを受けて、緊急事件対応の練習に参加した。

 長春地下鉄1号線は全長40.1キロメートルで、一期目は開通した後、残る部分は何回かわけて進め続ける。長春地下鉄2号線とモノレール3号線の延長部分、軌道交通北湖線は建設中で、2号線は来年年内に開通する可能性がある。