ホーム > ニュース > ニュース
劉長龍市長が香港中華ガス会社の責任者と会見
2017-09-13

 

 

 911日、長春市市長の劉長龍氏は長春で香港中華ガス会社の行政総裁と会見し、港華ガス会社主席の陳永堅氏の一行と会見した。双方は今までの協力成果を認めた上で、今後の協力について深く交流した。

 

  劉長龍氏は歓迎の意を表し、長春市の経済発展を紹介した。香港中華ガスと港華ガス会社と長春市のガスへのニーズを満足することと省エネの発展と環境保護を推進することで重要な貢献を果たした。今回の訪問を通して、関係業務の安全情况を検査し、企業の人間を本にして、安全を最も重視する理念を顕著とする。長春市は今後の五年間、「五つの更新バージョン」を作り、「六つの目標」を実現し、北東アジア中心区域の中心都市にし、香港中華ガス会社と港華ガス会社の意見を聞いた上で、双方の協力を推進し、また、技術、人材、資金を長春市に導入し、長春市のガス市場の発展を助力すると述べた。

 

  陳永堅氏はガス業界の引率者として、3年の後また長春に来て、長春市の発展を切実に感じられ、長春市の産業と生態人文の優勢を大切にし、今後、より多くの領域での協力を望む。彼によって、当該会社は10年前に長春市に入り、その気候と市場に詳しく、現在、当該会社の業務は長春でいい成績をあげる。今回の訪問を通して、6名の会社の管理者は安全問題を検査し、設備の使用情况と社員の状態を了解し、特に、安全問題のある部品を交換し、市民の安全を確保する。ガスの使用によって、配置式エネルギーの利用は未来性を持ち、使用量によって費用を徴収すれば、省エネに役に立つと考えられる。陳氏によって、現在、当該会社はより多くの資金を投入し、長春市を試点にする。長春市の投資環境がよくて、チャンスも多くて、当該会社の発展と一致するので、今後、汚水処理、ゴミ処理などの面で長春市との協力を希望する。

 

  今まで、香港中華ガス会社は150年の歴史を持ち、先端的な管理理念と国際的な能力を持ち、アジアで最も大きなガス会社である。2007年に長春市に入ってから、長春市のガス安全を確保するために、重要な貢献を果たした。2017年上半期まで、1380キロメートルのガスパイプを作り、古い住宅集中地のガスリスクを57%から3.77%にし、ガスの安全問題を徹底的に解決した。同時に、入室安全検査で事故の発生率を減らし、市民の安全使用意識を引き上げる。また、当該企業は長春市政府と協力し、共同でガス外環高圧パイプネットと救急ガス最大使用量調整工場を建設し、全市ではガスを使用することができて、長春市のエネルギー問題を解決した。

 

 情報によると、香港中華ガス会社は港華ガス会社の主な株持参者である。2007年に、港華ガス会社は長港ガス有限会社に加入し、48%の株を持ち、長春ガス株式有限会社は長港ガスの唯一の投資支社であり、58.5%の株を持つ。長春ガス株式有限会社は1998年に再び設立され、2000年に上場し、中国株市場のトップになる。長春ガス会社は10年間で、完全なガス産業チェーンを持ち、香港中華ガスと港華ガスも長春ガス会社の発展に強大な支持を提供している。