ホーム > ニュース > ニュース
長春観光の変化を見る
2017-10-10

 ガイドさんは綺麗な風景が見える人間だけでなく、都市の魅力をツアーの心に刻む人間でもある。劉暢氏、長春文化国際旅行社で7年間勤めたベテランのガイドさんである。長春市の変化、観光地の特色、人文の歴史などがその説明によって、ツアーに深い印象を残させる。

 

 小さいところから大きいところに変わりつつ、観光グループは多くなっている。

 

 長春市の最近五年間の観光業を見ると、最も大きな変化は観光客の範囲の変わりであると劉氏が述べた。最初の範囲は狭かったが、今は広くなりつつある。都市の市民のほかに、農村からの高齢者も常にグループで観光活動を行った。現在、長春では、観光活動は贅沢のことではなくて、市民の重要な消費内容となっている。五年間の中で、観光客の範囲は広くなり、観光方式も大いに変わっている。この前の風景を見ることから自己運転、休暇観光などの方式になっている。

少ないことから細かいことに変わり、長春市の美しい景色は外来のツアーを吸引している。

 

 五年間には、長春市は大いに変わり、地下鉄も開通し、規格館も竣工し、農業博覧園は常にオープンされ、労謙公園、長春徳苑主題公園も公式に開放されるなど。「長春市は日に日に変わっていて、ガイドさんとして、案内セリフもいつも更新する必要で、長春市の美を多くのツアーに教えなければならない。」

 

 都市の新しい変化は市民に恵まれる同時に、観光業にもメリットになる。この前に、ツアーは長春市で着いたとたん、長白山、ハルピン、瀋陽などのところに移し、長春市民も長春市以外のところまで観光する場合が多い。「長春市経済の発展、都市建設の加速に伴い、観光資源も発現されたり、整えられたり、開発されたり、導入されたりして、長春市には楽しめられるところが多くなり、長春に来る観光グループも毎年も増えている。」と劉暢氏は述べた。七年前に、劉氏は主に偽満州国宮廷博物院、長春市映画制作所、浄月潭公園などまで案内したが、五年前から、観光地が多くなり、その品質も引き上げている。

 

 「五年前、偽満州国宮廷博物院を見学する場合、一時間足りますが、今は二時間半でもなかなか終わらない。東北陥落陳列館、馬術場、同徳殿、後花園などの見学路線はツアーの体験を引き上げる。長春市の冬には観光のオフシーズンからオンシーズンになる。」劉氏の紹介によると、67日の観光を例にして、この前、路線を計画すれば、瀋陽、ハルピンあるいは大連での観光をその中に入れる必要であったが、今は長春だけで観光すれば、45日の時間が多くない。現在、長春市は46ヵ所のA級観光地を持って、その中に4ヵ所の5 A級の観光地であり、東北地方のトップである。長春市の変化は観光業界の発展を引き上げる同時に、劉氏のようなガイドさんたちの誇りとなっている。

 劉暢氏は長春市の歴史をよく説明する同時に、長春市の発展を国内外の観光客に展示すると考えていると述べた。