ホーム > ニュース > ニュース
千トンの野菜栽培園区主体工事は密封
2017-10-11

  最近、長春関東文化園レジャー休暇有限会社が投資して建設する緑園区千トン野菜栽培現代都市レジャー農業園区の増築プロジェクト工事現場において、一つの国際標準的な大型温室はやっと形が出来上がり、作業スタッフは設備を据付中で、温室内の野菜栽培設備、保温設備、通風設備などを据付次第に、使用に投入することができる。そのとき、長春市は果物や野菜の摘み取り、加工、レジャー観光を一体化にする都市レジャー場所を1っか所増加する。

 

  プロジェクト責任者の王延偉氏からの情報によると、そのプロジェクトは1万平方メートルの面積を占め、総投資が2500万元、今年6月末に工事が始まり、現在まで主体密封が基本的に完了し、11月末に正式に竣工できる見込みである。

 

  関東文化園有限会社理事長の張為民氏は「プロジェクトはオランダの先進な野菜栽培技術と農業施設を導入する同時に、長春地元の特色に合わせて、知能フィルレイトシステムを通じて太陽の光効能に達し、野菜を一年中成長させることができます。」と述べた。その野菜栽培方式によって工場化の作業を実現可能で、将来性が良い、プロジェクトが竣工した後当地の400人近いに就職させ、年間の生産高が1億元を超える見込みである。