ホーム > ニュース > ニュース
長春新区:出入国の新政策が実行
2018-01-04

 12日、2018年元旦連休の最後の日であり、「長春新区の発展を支持し、出入国の新しい政策を実施し、外国人永久居留身分証の先発式」が長春市公安局出入国管理局長春新区外国人サービスホールで開かれ、新しい政策を使用して、長春新区で革新・起業の最初の外国人材は永久居留身分証と長期居留証明を取得し、それは7項の出入国優遇政策はすべて実行することを示す。

 

 吉林省公安庁は長春新区の発展を支持する七項の政策は非常に役に立ち、新区の人材導入、国際協力の拡大に大いに推進する。政策内容には外国ハイレベル人材の導入条件を減少し、永久居留申請のルートを広め、外国系中国人人材の帰国起業を誘い、外国系中国人長期居留の制限を減少し、外国人留学生の革新と起業を励み、外国人材の長期就職を支持し、吉林省に来る外国人材の入国手続きを簡素化にするなどの内容を含め、外国からの人材の導入に役に立つ。

 

 2018年、長春新区の快速の重要な都市である。長春新区の人材建設は前向きに一歩進め、その発展の知的資本となり、長春新区の飛躍発展を遂げた。長春新区は党中央と省、市のリーダーのもとで、発展全局をめぐり、革新発展をメインラインにして、引き続き人材導入に力を入れて、起業と革新の人材を集め、新区の発展を推進したり、長春市が北東アジア区域性中心都市への建設を促し、吉林省の新しいラウンドの振興に人材保証と知的支持を与える。

 

 12日、「長春新区の発展を支持し、出入国の新しい政策を実施し、外国人永久居留身分証の先発式」が長春市公安局出入国管理局長春新区外国人サービスホールで開かれ、新しい政策を使用して、長春新区で革新・起業の最初の外国人材は永久居留身分証と長期居留証明を取得し、それは7項の出入国優遇政策はすべて実行することを示す。

 紹介によると、この7つの政策は20171212日に公式に実施されてから、社会の反響が強くて、諮問の件数は160件以上になり、8名の外国人材は審査を合格し、永久居留身分証明書と長期居留証明を取得した。当日に、3人に関係の証明書を発行した。

 

 わが省の初めて長春新区の優遇政策を利用して『外国人永久居留身分証」を取得したのは中国一汽グループ研究総院の高級技術ディレクター、中国係アメリカ人のZHANGKEJACK(張珂)氏である。張氏はアメリカミシガン州ウェイン州立大学を卒業し、機械工学の博士号と取得し、現在、中国一汽グループ研究総院の高級技術ディレクターを担当している。中国で3年間仕事をしたので、新区の外国人材導入する条件を満たす。公安部に許可されて、外国人永久居留身分証明書を発行する。吉林省の初めて5年間の外国人起業類滞在延長居留身分を獲得したのは東北師範大学政法学院のロシア人留学生のIPATENKOVAYULIA(夏セン)氏である。夏氏2015年に「中華文化を伝える優秀者」という栄誉称号を授与され、2016年に吉林省人民政府に「吉林文化を伝える優秀者」の栄誉称号を授与され、2015年と2017年東北師範大学に優秀国際学生と優秀卒業生として受賞した。夏氏は卒業後、長春新区え起業する計画を持って、長春市公安局出入国管理局の許可を得て、個人事務居留許可を発行し、そして「起業可」という備考を付ける。長春市初めて5年間の勤務居留許可を取得したのは長春迪瑞医療科学技術株式会社の運営総監で、コロンビア国籍の何凱氏である。。何氏は長春で6年間勤務し、その間、違法行為が一切ないので、長春市公安局出入国管理局の許可を得て、発給5年間勤務居留許可を発行する。

 

 20171212日、長春新区の発展を支持し、外国人材を誘う七項の入国優遇政策を実行し、長春新区は更なる開放な姿で人材導入し、世界230ヵ国の優秀人材をに聘状を出した。今まで、『長春新区より世界革新起業者への英語招聘状』はすでに550社のマスコミを通して、9900万人以上の外国人に送付し、国内外のマスコミは争ってこれら7つの政策に対して報道している。

 

 「長春新区の発展を支持し、外国人材を誘う七項の入国優遇政策を実行するのは、ハイレベルの外国人材、外国留学生の導入に重要な役割を発揮し、長春新区は必ず先一歩発展し、長春市ないし吉林省の経済発展の飛躍的な発展を牽引する」と胡家福氏が述べた。特に、七つの政策は長春市新区の発展を着目し、人材導入の条件を低下し、長春新区に授権して人材導入し、就職の制限を減少し、外国人留学生の在籍起業と卒業後の就職に広い空間を与える。関係政策を増やし、外国人ハイレベル人材にビザ発行、家族随行などのいくつかの優遇を与える。以上の革新方法は必ず外国の優秀人材を集め、共同で発展を図ることにもっと良好な政策環境を与え、吉林省の社会・経済発展の活力を更に激発する。

 

 予測によると、政策実施の初めての1年には、吉林省の外国人材が現在の225人から700名になると可能性が大きい。2年には、600名以上の外国人留学生が吉林省で起業する。3年には、500名以上の外国のハイレベルの人材を導入し、吉林省のハイレベル人材が1000人になる。その際、吉林省の外国人材の優遇範囲がもっと広くなり、革新雰囲気がもっと盛んになり、起業環境はもっと良好で、人材で革新を促し、革新で発展を求めるウィンウィンの局面が形成すると言われる。

 

 外国人材らはビザ申請のために、長春市公安局出入国管理局は長春市公安局出入国管理局駐長春新区事務所を設置し、長春新区の中心エリアで「起業・革新センタービル」で長春市公安局出入国管理局長春新区外国人サービスホールを設立する。当該ホールの開所式は先発式の日に除幕とする。