ホーム > ニュース > ニュース
長春が海内外に氷雪観光プログラムを紹介
2018-01-08

 

 14日、長春市観光局より主催する「2018長春氷雪観光フェア」が長春市で開催された。今回のフェアは主に長春の冬の氷雪観光資源、氷雪祭を紹介した。浄月潭スキー場、廟香山スキー場、蓮花山スキー場、剣鵬馬城などがそれぞれ自らの観光資源の紹介した。 

 

 データによると、2018年長春氷雪旅行活動は氷雪体験、氷雪競技、氷雪文化、氷雪活動など41の活動、100以上のファッション、市民化の氷雪活動をめぐって開催し、活動量は今まで最も多い。

 

 氷雪製品の建設では、私が市は引き続き「雪」の優勢を発揮し、さらに雪製品と都市氷雪の体験雰囲気を明らかにし、全力で「浄月雪世界」、氷雪彫刻展覧などのブランド製品を育成し、主にスキー、氷雪娯楽、温泉養生、民俗体験、都市の特色文化観光を拡大し、長春月潭スキー場、廟香山スキー場、蓮花山スキー場、シーザー温泉、国信南山温泉、関東文化園、御龍温泉、天怡温泉、剣鵬馬城、南渓湿地公園などの主な観光地より構成された「長春氷雪景観」はわが市の主要製品となる。