ホーム > ニュース > ニュース
長春市スポーツ代表団が平昌に行って韓国第23回冬五輪に参加
2018-02-13

 

 

20182月、わが市は長春市体育局劉海玉局長を団長とする長春スポーツ代表団を韓国平昌に派遣して第23回冬五輪に参加し、また江陵市政府を訪問した。

 

9日の午前、劉海玉局長と国家体育総局のリーダーと交流し、電話を通して周洋氏、韓天宇氏などの選手と通話した。午後、代表団は平昌オリンピック体育館に行って、冬五輪の開幕式に出席した。

 

 

 

長春市政府外事弁公室は今回、わが市の代表団は平昌冬五輪に参加するのをきっかけにして、江陵市と友好関係を締結した。10日の午後、江陵市副市長の金喆来氏、体育部部長の朴億などの5人は江陵市芸術館で長春市スポーツ代表団一行と会見した。双方は大型スポーツ試合の開催、ボランティアサービス機械、医療救護などに関して交流し、また、両市は文化、スポーツなどの分野での交流と協力について意見を交換した。劉海玉局長は江陵市政府の招きに感謝し、わが市の雪スポーツの発展状況を紹介し、江陵市政府人員はわが市は6月に開催する国際マラソンを紹介した。江原道と吉林省と友好都市であり、江陵市と長春市と長い歴史文化と特別に恵まれる雪スポーツ資源と優勢を持ち両市はスポーツの分野での交流と協力を期待されると金喆来市長が述べた。