ホーム > ニュース > ニュース
外国帰国人材起業パークが人材導入の「急先鋒」となる
2018-03-12

 

 近日、数名のポーランドで留学したブルーベリー専門学者は長春新区にある外国帰国人材起業パークに来ている。特別招聘学者として、今回は主に我が省のブルーベリーの栽培技術に関して教えたり、指導したりして、栽培農家の貧乏脱出を助ける。当該パークは300人以上のこのような専門学者を導入し、関係領域の技術を教えたほかに、省内、特に長春新区で237社のハイテクを持って留学帰国者より経営される企業の創立を牽引する。

 

我が省の第一陣の人材導入モデルエリア、吉林省外国人専門学者サービス基地、吉林「僑夢苑」の支部、欧米同窓会「長春祖国恩返し長春基地」などが見える。当該パークに入ったら、一つ一つの看板がみんなに注目される。パークの関係者によると、長年の発展を経て、現在、省内の最も規模が大きく、養成体系が最も完備で、養成グループが最もプロで、留学人員の集中密度が最も高い産業パークとなり、330名の留学帰国人員を集めている。「遺伝子組み換え人間生長ホルモン」、「混合型エイズワクチン」、「大電力半導体レーザ」、「曲面無模多点成形圧力機」、「長効B型肝炎ワクチン」などの一陣の国際先端レベルのプログラムが相次いで定着し、金賽薬業、百克薬業、太陽鳥などの一陣のハイテク企業が創立され、数多くの「帰国派」の企業家は知的型、専門家型の企業家グループのモデルとなっている。

 

現在、企業パークは良質人材成果の転化、技術協力、起業発展の面で一陣の助力措置を作成して実施し、サービス体系を構築し、起業プラットフォームを築き、産業優勢を集め、専門技術プラットフォームをつくり、プログラム申請、政策支持、融資プラットフォームなどの面から、サービス体系を完備して養成する。起業パークの推薦で、100人以上が国家第一回「留学帰国人員優秀賞」、国家「留学人員傑出起業賞」、国家「百千万人人材」プログラム、国務院特別手当、「吉林省突出貢献専門家」を受賞した。5年間には、起業パークの企業は11の長春市政府友誼賞を受賞した。百克薬業、天火自動車、普藍ハイテクなどの15社の企業は、計21のプログラム、延べ96人が国家人材導入の支援を得て、獲得した費用は数百万元であり、企業発展の強力なパワーとなっている。