ホーム > ニュース > ニュース
4月10日0時から長春駅が新しい列車運営図を執行
2018-04-12

 49日、記者は長春駅から取材し、長春駅は4100時から出発する列車は新しい時間割、バス停、ルート、組み合わせによって執行とする。

 詳細は以下のようである。

 

 2列の列車を増やし、延吉西-大連北G8130番、蛟河西-長春C1250番である。

 

 週末に2ペアの列車を増やし、長春-延吉西C1051/C1052番、C1053/C1054番である。週末の金曜日と日曜日に使われ、市民は週末に出かければ便利になる。

 

 3ペアのラッシュ列車を増やし、長春-延吉西C1055/C1056番、長春-吉林C1251/C1252C1253/C1254番である。ラッシュの時に、例えば、春節、夏休み、ゴールデンウィークの時に使われ、ラッシュの問題を緩和することができる。

 

 大連北-長春G8015番の列車の運行ルートが吉林市に伸ばして、長春西-吉林C1203番は長春駅で出発し、長春-蛟河西C1049番は吉林駅で出発し、白城-長春C1312番の列車はウランホトで出発すると決められた。

 

 415日から長春-延吉西C1249番列車が吉林まで終了すると変更される。

 

 臨時的列車が引き続き延長する。411日-52日ハイラル-北京K4730/29列車が引き続き運行し、411日-510日済南西-琿春G4117番列車を引き続き運行し、412日-511日琿春-済南西G4118番列車を引き続き運行し、48日-58日吉林-南通K4986番の列車を引き続き運行し、411日-511日南通-吉林K4985番の列車を引き続き運行する。