ホーム > ニュース > ニュース
長春農産物が杭州で人気を集め、フェアにて19プログラムが成約され、42.6億元になる
2018-06-11

 

 6日、長春氏農業プログラムの企業誘致・外資導入と良質農産物製品フェアは浙江省杭州市にて行われた。フェアでは、19のプログラムが協力意向を達成し、成約総額は42.6億元となる。

 わが市の二番目の主幹産業としてい、農産物の加工業は近年速やかに発展してきて、全市にはトウモロコシ、お米、豚、食用牛、鶏、食用鹿など10大加工体系を構築している。今まで、わが市は全国健康有機農業モデル市になるのを媒介にし、中国健康食品有名都市の建設を加速している。「長春と杭州の現代農業はそれなりの特色があり、産業間の優勢を補い合い、協力スペースは広い。」フェアでは、杭州、長春の農業、林業、牧畜業、販売業などの関係機構は対応協定書を調印し、いくつかの領域で協力していく。