ホーム > ニュース > ニュース
中国(吉林)東北アジア漢方薬博覧会が9月14日に開幕する
2018-08-09

  2018中国(吉林)東北アジア漢方薬康養産業博覧会(以下、漢方薬博覧会)は、2018914- 16日に長春で開催される。

 

  今回の漢方薬博覧会は中国貿易促進会の許可によって、吉林省貿易促進会、吉林省科学技術庁、吉林省漢方薬管理局と長春市政府が共同で主催し、長春百瑞国際会展集団有限会社と長春国際会展センター有限会社が運営する漢方薬と健康・養生産業の専門的な展示会である。展示会は「新時代、新伝承、新発展」をテーマにして、「漢方薬の文化を伝承し、漢方薬の事業を発展させる」を目的として、我が省の中医薬産業と健康・養生産業の急速な発展を積極的に推進し、全面的に我が省の会展経済協調発展を推進し、同時に中国―東北アジア博覧会の転換に新しいモデルを探索する。

 

  今まで、約330社の会社が出展することを確認され、その中、北朝鮮、日本、韓国、タイ、マレーシア、香港、台湾など10個以上の国と地域の有名なビジネス協会が参加することを確認され、同時に北京、上海、浙江、江蘇、山東、河南、河北、黒龍江などの国内の10個以上の省(市、区)の有名な企業も参加する。哈薬集団、天士力、修正薬業、吉林敖東薬業、通化万通薬業、吉林省集安益盛薬業、吉林省康乃爾薬業、吉林一正薬業、吉林亜泰製薬など多くの国内の有名企業が展示することを確認された。今回の漢方薬博覧会は長春に約1万人の漢方薬営業者を引き付けると予想される。