ホーム > ニュース > ニュース
「長白烏」高速鉄道は一年間に501万人の旅客を輸送する
2018-08-10

 88日まで、長春―白城―ウランホトの高速鉄道が一年間運営していた。長春駅によると、高速鉄道は一年間に6861列を運行し、501万人の旅客を輸送した。

 

 「長白烏」鉄道は長春市から、農安県、松原市、大安市、白城市を経て、最後にウランホト駅まで、全長412キロである。

 

  内モンゴル自治区の初めての地域を超えた高速鉄道の運行線として、「長白烏」高速鉄道は白城、松原、ウランホトなどの都市を高速鉄道の時代に一歩進められた。長春からウランホトの運行時間は、元の5時間18分から3時間25分に短縮され、旅行時間を大幅に節約した。この路線は食糧、石炭、石油、鉄鋼、自動車などを運送する効率、便利な鉄道輸送通路を通過した。

 

  路線が運営していた一年間に、沿線の観光都市は全国各地の観光客を引きつけ、観光客の数も前年より大幅に伸びている。