ホーム > ニュース > ニュース
吉林空港集団が「十月一日」ゴールデンウィークに30万人の旅客を運送
2018-10-10

  101日から107日まで、吉林空港集団に所属する各空港の共済便が2186回になって、30.43万人の旅客を運送し、去年の同期よりそれぞれ5.15 %6.6 %が増え、輸送生産は好調な伸びを見せる。その中、長春空港は1778回の空便の正常運行を保障し、25.80万人の旅客を運送し、前年よりそれぞれ4.10 %7.16 %が増え、去年の同期と比べると安定な伸びを見せる。101日、長春空港は乗客の流れのピークを迎え、当日の旅客は3.81万人に達した。

 

  国慶節の間、旅客の主体は親族を訪れる派と旅行派を中心にして、旅客の流れは依然として北京、上海、広州、深圳などの人気都市である。ゴールデンウイークの間、長春空港は広機種を増やして運行し、旅客が北京に向かう旅の需要を満たした。延吉、白城空港はそれぞれ旅客3.23万人、2507人を運送し、去年の同期よりそれぞれ6.35%375.71%が増えた。