ホーム > ニュース > ニュース
僑務対応貧困医療救助行動を行う
2018-11-07

 

 『中華人民共和国帰僑僑属投資権益保護法』とその実施方法を全面的に落成し、習近平総書記が東北地方を視察した時の重要な談話精神を貫き、経営環境を最適化し、困難帰国華僑と華僑家族に対して緊急救助のメカニズムを充実させ、元の一般的な困難救助を対応救助に転換するため、長春市人民政府僑務弁公室は2018年度から「華僑対応貧困医療救助行動」を実施することを決定した。

 11月6日午後、長春市人民政府僑務弁公室と長春市児童病院、長春腫瘤病院と共同で長春市僑務対応貧困医療救助協力協議に調印した。協定は、201861日から、二つの病院で受診し、救助対象と救助病気に確認された患者に対して、長春市人民政府僑務弁公室は一度に1万元の生活補助を与え、特に貧困と特別な病気が確認された人に対して、また相談して補助金額を確定することが規定された。

 「僑務対応貧困医療救助行動」を実施することによって、我が国の華僑、帰国華僑、華僑家族が特別な病気の治療過程の中の家庭困難を解決することを目的として、国家が彼らに対する特別な配慮政策を感じさせ、彼らをより良く国家の社会経済建設のために力を捧げるようにさせる。